京太郎「これ以上マホの負担になりたくないんだ。お前には俺と違って立派な足があるんだから」

マホ「先輩から両足を奪ったのはマホですよ。あなたに庇ってもらわなければどうなっていたか」

京太郎「だからこそ俺だって納得してるんだよ。マホに償ってもらおうなんて少しも考えてない」

マホ「いくら先輩が許してくれたってマホは自分を許せませんから。負担なんかじゃありません」

京太郎「負担じゃないわけあるか、いい年した男の下の世話だぞ。それに今は介護の仕事だって」

マホ「先輩に救われた命です。だからマホの残りの人生は全て、あなたのために使いたいんです」

京太郎「他でもない俺が迷惑だって言ってるんだ。そんなことをさせるために助けたんじゃない」

マホ「迷惑に思われたとしてもマホはお世話を続けますよ。そんな風にしか生きられませんから」

京太郎「マホ」

マホ「分かったらお布団から手を離してください。先輩、今日はまだおむつを換えてませんよね」

京太郎「…………」

マホ「先輩」

京太郎「好きにしてくれよ。もう」

マホ「言われなくてもそのつもりですよ。大好きなあなたのことを、マホの好きなようにします」

京太郎「自分から進んで貧乏くじを引く子なんて、きっと世界中どこを探してもお前くらいだよ」

マホ「先輩の『たった一人』になれるならそれ以上のことはありませんよ。誇らしいくらいです」

京太郎「…………」

マホ「先輩お顔が真っ赤ですよ、口元もなんだかニヤけてます。もしかして照れてくれました?」

京太郎「そ、そんなの照れるに決まってるだろ! 女の子にちんちん見られちゃってるんだから」

マホ「ああ、そっちでしたか。ちんちんさんこんにちは」

京太郎「拭いてくれるのはいいけど、あんまり強く刺激しないでくれよ。気持ちよくなっちまう」

マホ「マホだってちゃんと分かってますよ。『そういうこと』は先輩と赤ちゃんを作るときだけ」

京太郎「欲しいのか。俺なんかの子どもが」

マホ「マホは先輩の子どもだから欲しいんですよ。あなただけがマホをお母さんにできるんです」

京太郎「マホ」

マホ「ええっと、理由はよく分かりませんけど元気になっちゃいましたね? 先輩のおちんちん」

京太郎「お願いだからさっさとおむつにしまってくれよ。顔から火が出そうなくらい恥ずかしい」

マホ「そうは言ってもどんどん大きくなってますし、先輩だってこのままじゃ辛いんですよね?」



マホ「ねえ、先輩」