ガラッ

姫子「こんにちはー」

京太郎「あ。どうも、姫子さん」カチャカチャ

姫子「やっほ」フリフリ「…なんばしとると?」

京太郎「これですか?今日はやたらと寒いですからね…皆さんが暖まれるようにと飲み物作りを少し」

姫子「へー…わっ、ココアもある…♪」

京太郎「えっと…さすがに恋人の好みは押さえませんと…ね?」フイッ

姫子「あ…あぅ…」カァァ「ば、ばってんそれにしては量が多い気がするけんど!?」

京太郎「は、はい…実は他の人の好きな飲み物は何だったか失念してまして…だからいっそコーヒーと紅茶と緑茶を人数分作っとこうかって」

姫子「…余ったらどうするん?」

京太郎「そこはほら…根性とかでなんとか…」

姫子「…ふふっ」

京太郎「笑わんでください…バカなことしてるなってのは解ってるんです」

姫子「ごめんごめん、お詫びにみんなの好み教えてあげるけん、怒らんといて?」

京太郎「最初から怒ってませんけど…まぁありがたいです」

姫子「それじゃあ…まず部長がコーヒーで…」

京太郎「ふむふむ…」

……………
姫子「っと…こんなもんやね」

京太郎「なるほど…ありがとうございました」

姫子「ええよ、こんくらい。一番先にきて皆を気遣う京太郎くんに比べたら些細なもんやき」

京太郎「そんな大変でもないですけどね…好きでやってるんですし。姫子さんはココアでしたよね…ちょっと待ってて下さい」

姫子「えっと…それより…こっち向いてくれん…?」

京太郎「どうしまし」チュ「ん…!」

姫子「…ぷはっ」

姫子「ココアより暖まるのは…好いとー人の…キスやけん…」カァァ

京太郎「そ、そっすか…」

姫子「…ねね、もっかい」哩「おーっす」ガラッ「ひゃあ!?」

哩「ん?どーしたばい姫子?」

姫子「な、なんでもなか!なんでもなかです部長!」

哩「さよか。…お、それは飲み物の用意か?」

京太郎「あ、はい。そうです」

哩「んじゃ濃いのをお願いするかな」

京太郎「り、了解です。どれくらい濃くしましょうか?」アセアセ

哩「そうさなぁ…」チラッ

姫子「?」ソワソワ

哩「…そこのピンク脳の甘さに負けんくらいの濃さで頼むわ」ニヤニヤ

姫子「ぶ、ぶちょーーーー!!」

京太郎「あはは…」

カンッ