京「さきぃ~~;;」
咲「きょ、京ちゃん」
京「誰もいなくなってさみしかったよぉ~」
咲「あ、こら、抱きつかないで」
京「やだ、寂しかったからその分取り戻す」
咲「もぉバカな事いってないで離してよ」
京「絶対やだ」
咲「はぁ…」ため息
和「そうです!早く離れてください!!」
京「そんな事言われても、離したら寂しいし…」
和「だめです!」
咲「そろそろ、離して欲しいかなあって…」
和「ほら!宮永さんも嫌がってるじゃないですか!」
京「やだ。出番も無かったし」
和「そんなわがまま言わないでください!」
京「じゃあ、咲が結婚してくれたら離してもいい」
咲「えっ、なに言い出すのっ京ちゃん!」
京「え~、いいじゃないかよ~」
和「な、な、な、な、何を言ってるんですか!!!!!」
京「な~、結婚してくれたら離すからさぁ」
咲「はぁ~。はいはい、分かったから。早く離して」
京「マジっ!いいの!?」
和「駄目です!!!!宮永さんも適当なこと言わないでください!!!」
京「やった~。嬉しいから抱きしめちゃう!」
咲「こ、こら!!約束が違う!!」
和「約束なんてしてませんから!は・や・く・離れなさいぃぃ!!!」

名前:
コメント: