京太郎「あー!ばりムカツク!」

哩「京太郎、どうしたの?」

京太郎「いやー、そいがですね、部活に向かう途中うちの担任に出くわしたっですよ」

哩「ふんふん、それで?」

京太郎「したらあんチクショウおいに課題用のノートば職員室まで運べとか抜かして仕事ば押し付けてきたっですよ」

哩「相変わらずだな、あの先生は」

京太郎「まあ、そこまではよかっですよ。そいで職員室にノートば持ってったら『遅い!俺の帰りが遅くなるじゃないか!』とか言い出しやがって!ね!?ばりムカツクでしょう!?」

哩「あの先生は少しおかしいからね、いちいち気にしてたら身が持たないよ」

京太郎「あー!イライラする!あんチクショウマジ闇討ちしようかな!」

哩「やめておきなさい、あの先生のために人生棒にふるのは得策じゃないよ」

京太郎「むぅぅ…!こん怒りばどげんやって鎮めたもんかな…!」

哩「今日は甘えさせてあげるから……それで怒りを鎮めなさい」

京太郎「いやぁ、そがんしてもらわんちゃよかですよ。部長に悪かですし…(グイッ)わっ!?」ぽふっ

哩「ほーらよしよし」なでなで

京太郎「ちょっ!?部長!」

哩「ほらほら、気持ちを鎮めて」なでなで

京太郎「むぅ…落ち着く…癒される……」

哩「これで怒りは納まった?」

京太郎「はい……こがん天国のごたっとこじゃ怒るに怒れんですばい」

哩「なら……もういいね」パッ

京太郎「あ…!もうちょっと…駄目ですか?」

哩「ふふ…今度は膝枕とかどう?」ポンポン

京太郎「そげん事までしてもらってよかっですか!?」

哩「いいよ、今日はもう京太郎以外いないし」

京太郎「じゃあ……失礼します!」ぽふっ

哩「どう?」

京太郎「ふぃ~……最高過ぎて何も言うことなかですよ…」

哩「それならしばらくこうしてようか」

京太郎「是非お願いします!」

カンッ