京太郎「このポンプ小屋だったら人も来ませんし、大声を出しても怪しまれたりしませんよね?」

煌「だからって学校でそんなことをするのはどうなんでしょう。考え直すつもりはありませんか」

京太郎「むしろ俄然燃えてきたくらいですよ。何も最後までしようってわけじゃないんですから」

煌「え?」

京太郎「ひょっとして、お互い制服のまま本番までしちゃうつもりだったんですか? 煌先輩は」

煌「しししし、仕方がないでしょうが! あんな風に誘われたら誰だって勘違いしますってば!」

京太郎「エッチだなあ」

煌「…………」

京太郎「何も言えなくなっちゃいましたね? とっても可愛いですよ、真っ赤なお顔もこの足も」

煌「んやっ、そんないきなり! 手つきがいやらしいですよ京太郎!」

京太郎「当たり前じゃないですか、いやらしいことをしてるんですから。今度は内腿触りますね」

煌「だめ、いや、んあっ、あ、ひゃ、ああっ!」

京太郎「相変わらず、煌先輩はここが弱いんですよね。少しは『だめ』って顔をしたらどうです」

煌「いじわるしないでくださいよ! 一体誰のせいでこんな体になったと思っているんですか!」

京太郎「それなら先輩にも責任があるでしょう? こんなにスケベな生足を毎日チラチラ見せて」

煌「ちょっと京太郎!? どうするつもりなんですか、膝裏なんかに口をつけたりして!」

京太郎「んちゅ」

煌「ひゃあっ!?」

京太郎「まるで犬にでもなった気分ですよ。いい眺めですね、ここから見上げる先輩の太ももは」

煌「そんなことをして、もしも痕がついたらまずいでしょうが! もう冗談じゃ済みませんよ!」

京太郎「それはいいことを聞きました。内腿のこの辺りなら『つけちゃっても』大丈夫ですよね」

煌「嘘でしょう京太郎、お願いだから考え直してくださいってば! ああっ!」

京太郎「残念でした。こうして触れてみたら分かりますか、煌先輩のここに痕をつけたんですよ」

煌「分かりましたからそれ以上そこを撫で回さないでください! このまま続けられたら私、私」

京太郎「気持ちよくなっちゃいますか」

煌「…………」

京太郎「こんなときでも正直に頷いてくれる煌先輩が好きですよ。次はどうしてほしいですか?」

煌「…………」



煌「もうちょっと、上のほう」