京太郎「なんかすいません。いきなりお家まで押しかけたうえ、お茶まで出してもらっちゃって」

玄「『お姉ちゃんは留守だから』って帰すのもなんか気の毒だし、別に大したことじゃないから」

京太郎「松実さん、今日はどこかへお出かけしてるんですよね」

玄「ちょうど旅館の会合に顔を出してるんだよ。お姉ちゃんは長女だし、次の女将さんだからね」

京太郎「女将さん、ですか」

玄「…………」

京太郎「へへ」

玄「随分と鼻の下が伸びてるみたいだけど、実の妹の前だってことを忘れてないよね。須賀くん」

京太郎「とんでもないです! 和服美人だとかうなじがセクシーだとか、そんなことは決して!」

玄「えっち」

京太郎「仕方ないじゃないですか! 松実さんすっごく美人だし、おっとりしていて可愛いし!」

玄「それは私もそう思うけど。須賀くんの口から聞かされると、なんか微妙な感じ」

京太郎「相変わらず手厳しいですね。玄さんは」

玄「…………」

京太郎「玄さん?」

玄「須賀くんはさ、やっぱりうちのお姉ちゃんのことが好きなの?」

京太郎「なんですか、いきなり」

玄「答えて」

京太郎「…………」

玄「お姉ちゃんは多分あなたのことなんか好きじゃないと思う。だから下手に傷付く前にいっそ」

京太郎「好きですよ」

玄「須賀くん」

京太郎「始めはただの憧れだったかもしれませんけど、今なら自信を持って言えます」

玄「…………」

京太郎「だから」

玄「もういい」

京太郎「え?」

玄「須賀くんの気持ちは分かったから。本当は全部、最初から分かってたことだから」



玄「だから、もういい」