淡「須賀、袖もげた」

京太郎「もげるもんなのか!?」

淡「なんかこー、ブチブチィってなった」

京太郎「どうなってんだ白糸台の縫製……」

淡「直るかな?」

京太郎「本格的にはミシンがないと……とりあえず帰りまで保てば平気か?」

淡「多分」

京太郎「じゃあ仮縫いだけしとくから──って、そうか脱がなきゃできねえな」

淡「ジャージあるよ。取ってくる」

京太郎「ついでに着替えてこい」

淡「なんで? ここでいーじゃん」

京太郎「……いやまあどっちでもいいけども」

京太郎(廊下で待てばいいか)

淡「? えっと、取ってくるね」


淡「ただいまー」E:ジャージ

京太郎(結局着替えてきたか……)

京太郎「そんじゃ直すか」

淡「見てていい?」

京太郎「いいけど、面白いか?」

淡「さあ?」

京太郎「なんだそりゃ」

チクチクチク…

淡「……」ボー…

京太郎「あー、袖口のほうも切れかかってるなこりゃ。補強しとくか」

淡「須賀ってさー、器用だよね」

京太郎「そうか? 慣れれば誰でもできそうなもんだけどな」

淡「手」

京太郎「?」

淡「須賀の手さ、結構大きいじゃん」

京太郎「まあ、これでも男だし」

淡「細かいの難しそうなのに、すごいなーって」

京太郎「あぁ、そういうことか。そりゃ狭いとこに指突っ込むのは無理だけど、それ以外ならそんな変わんないと思うぜ?」

京太郎「っと。こんなもんかな」

淡「ん」ズイッ

京太郎「……なんだこの手」

淡「手!」

京太郎「? ……ああ」

ペタッ

淡「ほらやっぱりおっきい。あと指長い」

京太郎「そういう大星は小さいな」

淡「いーなー、なんか強そう」

京太郎「そうかぁ? 男にしちゃ指細いしそんなでもないだろ」

淡「うん。でもなんか好き」

京太郎「大星も指細いし長いじゃねーか。それに綺麗だし」

淡「そうでもないよ? ずっと麻雀打ってるからタコとかあるもん」

京太郎「これか。いいじゃんか、頑張った証拠みたいなもんだろ。俺は好きだぞ」

淡「そう? そっか」

京太郎「おう」

淡「えへへー、えい!」ギュッ

京太郎「うおっ、なんだどうした?」ギュッ

淡「なんとなく!」

京太郎「なんとなくかよ」



誠子「……弘世先輩、廊下で何やってるんですか?」

菫「いや……なんだか入りづらい雰囲気でな……」

誠子「はあ……、??」



カンッ