ロック伝説

淡「昨日のライブは最高に盛上がったけど、所々は極端に盛下がって最終的にはお通夜みたいになっちゃったね。
何で私達のライブはいっつもこうなのさ!?」

京太郎「お前のボーカルがなんか盛下がるんだよ、淡」

淡「はぁ!?私のせいだって言うの?違うよ!」

京太郎「例えば『レッツドリーム』のサビのトコあるだろ?
『果てしない夢を掴むんだ』ってトコ」


淡『ふぁてしないトゥメをトゥかむんだ♪』


京太郎「ふぁてしないはこの際まぁいいよ。トゥメってなんだよ」

淡「なんだもなにもないよ。感じ出して歌ったまでだよ」

京太郎「そんな変な感じ出すなよ」

淡「変な感じじゃないよ!良い感じだよ!」

透華「私もそこの所、少しイラッときますわね」

佳織「私も・・・」

淡「マジで!?」


京太郎「それだけならまだしも、ラストで歌った『夢を夢で終わらせないためになんかお前』」


淡『トゥメをトゥメで終わらせないトゥメに、トゥきトゥトゥめ♪』


京太郎「お前もうトゥメに取り憑かれてんじゃねーか」

淡「なにさトゥメって!?」

京太郎「いやこっちが聞きたいよ!折角ノッてきた客もそれが出ると一様に小首を傾げるんだよ!
大体お前の書く歌詞はベタなんだよ。
夢を掴むとか、翼広げてとか、そんなんばっかじゃねーか」

淡「なに違うよベタじゃないよー」

京太郎「今度の新曲なんか『翼広げて夢を掴むぜ』とか言ってとうとう合体させちゃってんじゃねーか」

淡「合体ってなにさ!?いいじゃん別に!」

京太郎「とにかく!次のライブでまた変な歌い方したら、もうお前クビだぜ」

淡「ええー!?ふざけないでよ!私以外の誰にザ・ゴールデンヘアーズのボーカルが務まるって言うの!?」

透華「実は私の家で引き籠っている没個性のメイドが、動画サイト投稿用などと言って練習したのか、歌がとても上手でしたの」

淡「えー・・・も、もう目星ついてるー・・・」

京太郎「メドゥーサみたいに髪の毛がリズムに合わせてぬるぬる動くのだけが取り柄のお前の代わりくらい、いるんだぜ?」

淡「なにさ寄ってたかって!ライブが盛下がるのは私のせいじゃないよ!
アンタのギターが足引っ張ってるんだよキョータロー!」

京太郎「ナニィ?俺のせいだってのか?違うよ」

淡「アンタ一曲目のイントロからいきなり歯で弾き始めるからビックリして調子狂うんだよ!」

京太郎「ナニィ!?いいじゃねぇか別に!」

淡「私ビックリして出だしの『夢を掴むのは今』の前に、うわっ!って言っちゃったじゃんか!」


京太郎『』ギャギガガガガガガ

淡『うわっ!・・・めを掴むのは今!』


淡「出だしの所もちゃんと歌えなくて、絶対お客さんに『目を掴むのは今』だと思われたよ!」

京太郎「お前はちゃんと歌ったトコで『トゥメを掴むのは今』じゃねーか!」


透華「でも確かに京太郎さん、バラードの時に限って頭を滅茶苦茶に振り回したりしたり、なんだかタイミング悪いですわね」

佳織「そうですね。打ち上げの時になってギター叩き壊したり、ギターソロの所でトイレ行ったりしますし・・・」

淡「ほら見ろ!ほーら見ろ!キョータローがいけないんだよ!」

京太郎「違うよ!俺タイミング悪くねーよ!」

淡「とにかく!次のライブでもタイミング悪かったら、もうギター代えるから」

京太郎「な、ナニィ!?ざけんな!俺のギターあってのザ・ゴールデンヘアーズだろうが!
俺の代わりなんているのかよ!?」

透華「私の知り合いで、大阪のたこ焼き店を食べ歩きしていた姉妹の妹が、ギターをやっているそうですの」

京太郎「えーーもう目星ついてるだとぉーーー・・・」

淡「男なのにこの中で一番女子力高いのだけが取り柄のキョータローより、ずっと使える子なんだからね」

京太郎「ざけんな!ライブが盛下がるのは俺のせいじゃねー!
あなたにも責任あるんですよ佳織さん!」

佳織「え、えぇ!?私のドラムは何も問題ないよぅ!」

京太郎「佳織さんトコの高校の先輩後輩同級生がライブとなると必ず最前列で並んで見てるのが気になるんですよ!」

佳織「そんなの気にしなければいいじゃない」

京太郎「全くピクリともノらないんですよあなたの部員」

佳織「そんなぁ、ノるノらないは自由でしょ?」

京太郎「気になるんですよ!呼ばないでください毎回毎回一番良い席に!
もっとノリの良い人呼んでくださいよどうせなら!」

佳織「京太郎君は近くで見たことないから知らないんだよ。
うちの桃子ちゃんはよく見ると揺れてるんだよ?」

京太郎「それはノってるんじゃなくて特有のステルス的揺れじゃないですか!?
それに昨日のライブはノるノらない以前に、ワハハの部長さんが両腕怪我してたのが気になってしょうがなかったんですよ!
どうしちゃったんですかワハハの部長さん!?」

佳織「実はうちの部活で今度キャンプするんだけど、
智美ちゃんが『移動は私の車で行くぞー』とか言い出して、
みんな反対したら智美ちゃん、麻雀卓を両手でバンって・・・」

京太郎「ワハハの部長さん腕モロッ!」

淡「かおりんの学校の動かない部員には、正直私も引いてたんだよねー」

透華「私も、最前列が常に盛下がってるのはキツイですわ」

京太郎「ほら!みんな迷惑してるんですよ!」

佳織「そ、そんな!違うよ!部員のみんなは何も悪くないよぉ!
みんな家では剽軽で・・・」

京太郎「とにかく!次のライブでまた部員呼んだら、あなたもうクビですよ」

佳織「そんなことで!?私の高速ドラミングあってのザ・ゴールデンヘアーズじゃない!
代わりなんているの!?」

淡「実は私の学校で、実家が農家やってる先輩がドラム始めたって言っててさー」

佳織「ふぇぇ!?もう目星ついてるの!?」

京太郎「どこを叩いても小動物の鳴き声みたいな音が出るのが取り柄のあなたの代わりくらい、いるんですからね?」

佳織「で、でも。私が思うに一番盛下がる原因は透華さんじゃないかな?」

透華「なんです?やるっていうんですの?」

佳織「いや、やりませんけど・・・。
透華さん、ライブとなると必ずクラッカーを鳴らすじゃないですか」

透華「盛り上げるといったらクラッカーでしょう?」

佳織「クラッカーって打ち上げとかでやると確かに盛り上がりますけど、
ライブ会場でやるとかえって寂しいんですよ」

透華「さ、寂しいですって!?やるっていうんですの!?」

佳織「いや、やりませんけど・・・」


京太郎「それに透華さんが持ってくるクラッカーって、二つに一つは湿気ってて不発だよな」

透華「湿気ってるですって!?キィーーーッ、言わせておけば・・・っ」

淡「そるに昨日のライブなんかラストの曲の前にさ。
『三発いっぺんに鳴らしますわ!』とか叫んで」


透華『三発いっぺんに鳴らしますわー!』

<ヒュポン


淡「結局三発とも湿気ってて不発だったじゃん」

透華「なんですってぇーーー!?
では逆にどこに行かせれば湿気ってないクラッカーが手に入ると言うんですの!?」

淡「普通にそのへんで買えるっしょ」

透華「なんですって!?普通にそのへんで買わせていますわよ私は!」

佳織「じゃあ透華さんが懐とかに長時間入れてるから湿気るんじゃ・・・」

透華「私のせいで湿気るですってぇー・・・!」

京太郎「正直、次のライブでまたクラッカー鳴らしたらもうベース変えたいな」

淡「そうだねー」

透華「なんですって・・・!?私のベースは必要無いと・・・?やる気ですか貴方達・・・!?
まさかもう、誰かに目星ついてるのでは!?」

京太郎「俺の学校で明らかにキャラじゃないメイド服を店で着てるワカメな先輩がベース超上手くてさ」

透華「Σ(゜Д゜)やっぱりついてましたわ。このぉーーー・・・っ」

淡「アンテナが指揮棒代わりになるだけが取り柄のとーかの代わりくらい、いるんだよ?」

透華「キィーーーッ!私は絶対辞めませんわよ!」

淡「私だって辞めないよ!」

京太郎「俺だって!」

佳織「私だって辞めないよぅ!」

~一ヶ月後~

智紀「じゃあ自己紹介から始める。
昨日のライブで大星淡さんが夢をトゥメと言ったので、この度ザ・ゴールデンヘアーズのボーカルの担当になった沢村智紀。
龍門渕出身。よろしく」

絹恵「じゃ次ウチな。
大阪のたこ焼き店をお姉ちゃんと一緒に食べ歩きしとった愛宕絹恵や。
昨日のライブで須賀京太郎君のギターが一番盛り上がってる時に限って全部切れてもうて、今日からザ・ゴールデンヘアーズのギターになったんや。
姫松高校出身や、よろしゅう」

尭深「実家が茶葉中心の農家をやっている渋谷尭深です・・・。白糸台高校出身・・・。
昨日のライブに妹尾佳織さんの部活仲間が来たという理由で、何故か私が抜擢されました・・・。
頑張ります・・・」

まこ「実家の店の意向で不本意ながらなんちゃってメイドをしとる染谷まこじゃ。
昨日のライブで龍門渕透華がついクラッカーを鳴らしての、ザ・ゴールデンヘアーズのベース任されたんじゃ。
以後よろしゅう」


絹恵「やけど、これもうザ・ゴールデンヘアーズやないなぁ」

まこ「わしも薄々そうおもっとった」

智紀「バンド名の由来って聞いてる金髪でもない」

尭深「変えましょうか、名前・・・」

智紀「そういえば私達、偶然にも全員メガネ着けてる」

絹恵「!そういやそうやな!」

まこ(一部分は疎外感を感じるがのぅ・・・)

尭深「メガネ・・・レンズ・・・」


全員「「「「Ren`s!」」」」

Ren`sはそれなりに売れ、オリコンチャート25位を記録した。
ザ・ゴールデンヘアーズはどこへ行ったのか。
日本のバンド界で儚く輝いた彼等の行方を知る者はいない。
実家で暮らしてるので、家族は知っている

カンッ!