久「卵かけごはんっておいしいわよね」

京太郎「ええ、料理人泣かせなくらいに」

久「炊きたてほかほかの真っ白ごはんに新鮮な鶏卵をポンとひとつ」

京太郎「素早く箸でかき混ぜながら醤油を垂らし、混ぜて混ぜて」

久「そしてとろみがなくなる前に」

京久「「かっこむ!!」」

京太郎「たまりませんねぇ……」

久「大変よ須賀君」

京太郎「どうしました?」

久「お腹が減ったわ」

京太郎「奇遇ですね、俺もです」

咲「やめてよ! 麻雀打ってる横でそんな話しないでよ!!」

優希「まさに外道だじぇ……」

和「もう卵かけごはんのことしか考えられないじゃないですか!」

まこ「鬼! 悪魔! 竹井!」

久「ちょっとまこそれどういう意味よ!?」



カンッ