灼「いらっしゃいませ……」

京太郎「へぇ…結構いい感じのボウリング場だなぁ。店員さん、どのレーンを使えばいいですか?」

灼「第1レーンをどうぞ……あと、貸し靴はあそこです……」

京太郎「ありがとうございます」

~数日後~

京太郎「こんにちは!」

灼「いらっしゃいませ……」

京太郎「また来ちゃいました」ニコッ

灼「……第1レーンへどうぞ」

京太郎「どうも!ところで、店員さんのお名前は?」

灼「……灼。鷺森灼」

京太郎「灼さんですか。いい名前ですね!俺は須賀京太郎っていいます」

灼「須賀君……だね」

~数日後~

京太郎「こんにちは灼さん!」

灼「いらっしゃい……須賀君。今日は第8レーン…」

京太郎「どうも。あの、灼さん」

灼「なに?」

京太郎「上手く投げるコツってありますか?ガーターばっかりしちゃって……」

灼「…とりあえず、投げる時のフォームを綺麗にする事。……フォームは須賀君と1回プレイして見せる」

京太郎「え?でも店番は?」

灼「…見ての通り、客は君一人しかいないから……」

京太郎「あ……すいません」

灼「気にしなくていい…」

~数日後~

京太郎「こんにちは、灼さん」

灼「こんにちは…第1レーンね」

京太郎「どうも」

灼「ねぇ……」

京太郎「はい?」

灼「最近よく来るけど、ボウリング好きなの?」

京太郎「え、えっと、それは……それは勿論ボウリング好きですよ」

灼「他のボウリング場に行ったりは?」

京太郎「ここしか行った事ないです」

灼「……どうして?どうしてここなの?」

京太郎「えっと、その……最初はこんなところにボウリング場があるのか~ってくらいだったんですけど…その、灼さんが気になっちゃって」

灼「私が気になる…?」

京太郎「その……最初見た時、一目惚れしました。好きです、灼さん///」

灼「えっ…?好きって……///」

京太郎「あ、ごめんなさい!急にこんな……迷惑ですよね」

灼「…あのね……最初は、最初はただのお客さんだと思ってた」

京太郎「……」

灼「でも、何回も来てくれて……話している内に……私も須賀君の事、す、好きになってたみたい…///」

京太郎「それじゃあ…」

灼「うん…///両想い…って事だね…///」

京太郎「嬉しいです!あの、キスしてもいいですか?」

灼「い、いいよ…///」

京太郎「じゃ、じゃあ……」

チュッ

カンッ!