京太郎「じゃあお茶となんか適当にお茶菓子でも持ってくるわ」ヨッコイッショ

咲「そんな気を遣ってくれなくてもいいのに」

京太郎「まぁまぁお客様は黙ってもてなされろよ」

咲「は~い」

バタン

咲「……」キョロキョロ

ガチャ

京太郎「一応言っとくけど、ベッドの下とか本棚の裏とか漁るなよ?」

咲「そんなことしないよぉ!」

京太郎「どうだか」

バタン

咲「バカな京ちゃん」ゴソゴソ

咲「そんなこと言われたら気になって漁るに決まってるのに」

咲「っと見せかけて、ベッドの下と本棚の裏はデコイ。本命は別の場所に」ゴソゴソ

咲「……」

咲「一応、ベッドの下とかも見とこう」ゴソゴソ

咲「むぅ案の定、巨乳モノばっかり」ムスー

咲「そりゃ、私だって別に小さ、お、大きくはないけど……」ペタペタ

咲「は! 今は落ち込んでる場合じゃない。えっと、」キョロキョロ

咲(京ちゃんは意外に小心者だから大事なものはなるべく近くに置こうとする。っとすると……)

咲「うん。ここが怪しい」

咲「京ちゃんが普段から使ってる机。その引き出しの一番下の段」ガラ

咲「学校の昔のプリント、よくわからないガラクタ……お?」パカ

咲「上げ底……」

咲「な、こ……えぇ!? お、幼馴染モノ……」

咲(え!? ちょ、待って待って。え、これってもしかしてつまりそういうことなの? じゃあもしかして京ちゃんって私のこと///)

ヒラッ

咲「あ、上底の裏側になにか……封筒?」

ガサガサ

咲「うぇぇ!? こ、ここここれ、和ちゃんと一緒に染谷先輩のお店でバイトしたときの写真!?」

咲(なんで? 誰が? いつ? どうやって? そもそも、なんで京ちゃんが!?)

ガチャ

京太郎「いやーすまんすまん。なかなか目ぼしいものがなく、て……」

咲「あ……」

シーン

咲「き、京ちゃん!? 違、これは違くて!」

京太郎「……」スタスタ、カチャン

京太郎「咲。それ、見たのか?」

咲「え? う、うん……ごめん、ごめんなさい」

京太郎「そうか……」

咲「?」

京太郎「よーし! 死ぬかぁ~」

咲「ええええええ!?」

京太郎「咲に知られた! もうやだ死にたい!」

咲「そんなことくらいで死のうとしないで!」

京太郎「けど、相手が自分ですら身に覚えのない写真所持してたら正直気持ち悪いだろ?」

咲「え、う、うん。ちょっぴり引いたけど」

京太郎「それ見たことか! それ見たことか!!」

咲「待って! ねぇ、あ、そうだ。死ぬのは明日にして今はいったん落ち着こう? ね?」

京太郎「明日は雨だ。俺、死ぬのは晴れた日って決めてるから」

咲「そんなこだわりいらないよ! ああもう、話が進まないから正面から聞くけど」

咲「京ちゃんは、私のこと……その、好き、なの?///」

京太郎「好きですー、超好きですー、愛してますー、結婚したいでっすぅぅぅぅぅぅ」

咲「なに開き直ってるの! ムカつくなぁ」

京太郎「あーあ、なんだこの告白の仕方。最悪だよ」

咲「私の台詞だよ!」

咲「だいたいなに!? さっきから1人で自己完結して」

京太郎「1人で自己完結って日本語おかしくね?」

咲「うるさいよ!」

咲「私だってねぇ! 私も、京ちゃんのこと……好き、だよ?///」カァァ

京太郎「…………夢?」

咲「違うけど」

京太郎「咲。ちょっと俺の頬っぺた抓ってもらっていい?」

咲「いいけど。じゃあ抓るよ?」

京太郎「おう。どんと来い」

ドゴォ

京太郎「なんで今グーで殴ったの?」

咲「私の抑圧された感情の爆発だよ」

京太郎「なるほど」

咲「あーあ。せっかくの告白なのにぜんぜんイメージと違うよ。もういろいろ台無しだよ」

京太郎「台無しなのは俺の顔面の造形だけどな」

咲「というわけでやり直しを要求します」

京太郎「仕方ないな~」

京太郎「…………告白のやり直しとかバカ過ぎじゃね?」

咲「うるさいなぁ。いいから早く!」

京太郎「よし! 咲、大好きだ! 結婚してくれ!」

咲「大声で言っただけじゃん! 私も大好きだよ! よろこんで!」


カン!

咲「けどこの写真は没収します」

京太郎「ふざけるな」