淡「デクノボー、のど乾いたー」

京太郎「須賀だよ。オレンジとコーラしかないぞ」

淡「オレンジ!」

京太郎「ほいよ」



淡「デクノボー、お腹減ったー」

京太郎「須賀だっての。クッキー焼いてきたからそれでいいか?」

淡「うん! あとジュース!」

京太郎「オレンジな」

淡「そうそう、わかってるぅ~♪」



淡「須賀ー、今日のおやつ何~?」

京太郎「ガトーショコラに挑戦してみた。わりと上手くできてると思う」

淡「おおー、有言実行だね。褒美として淡ちゃんにオレンジペコを淹れることを許可する!」

京太郎「いいけど、オレンジペコはオレンジ味の紅茶じゃあないぞ?」

淡「そうなの!?」

京太郎「やっぱり勘違いしてたか。とにかくオレンジティーでいいんだな? すぐ作るから待ってろ」

淡「うん」


淡「須賀ぁー、ジャージ破けた……」

京太郎「仕方ないな、ちょっと貸してみろ」

淡「直るの?」

京太郎「穴がでかいからアップリケでも縫い付けるか」

淡「あ、じゃあじゃあ星形付けて! でっかいの!」

京太郎「大星だから?」

淡「大星だから!」



淡「眠いぃ……、すがぁ、ひざぁ……」ウニュウニュ

京太郎「はいはい」

淡「……すぴー…………」スヤスヤ

京太郎「……」ナデナデ



淡「きょーたろー!」ドーン!!

京太郎「ぅおうっ! なんだ淡か、どうした?」

淡「背中見付けたから飛び付いてみた!」

京太郎「おいおい、人違いだったらどうすんだよ」

淡「私がきょーたろー間違えるわけないじゃん、何言ってんの?」キョトン

京太郎「……そうかい」

淡「充電充電~♪」

京太郎「なんだそりゃ」

淡「説明しよう! きょーたろー分を充電することで淡ちゃんは高校二百年生のパワーを発揮するのだ!」

京太郎「いや訳わかんねーから」

淡「それよりぎゅーってして! ぎゅーっ!」

京太郎「はいはい」ギューッ

淡「~♪」



照「京ちゃんがとられた」

誠子「今更言うんですか」

照「保護者的な意味で」

誠子「え、そっち!?」

尭深(おやつ美味しい……)

菫「──」ヒュッ

  ズバァン!!

誠子(威力が増している……!!)



大体こんな感じ