嫁だな「えーふたりは高校時代から大変仲が良く…ウンヌンカンヌン…」


久「それにしても意外よねー須賀君と咲が結婚するなんて」

まこ「そうじゃなぁ人生何が起こるかわからんなぁ」
和「うぅ…宮永さん…きれいですぅ…うぅ…ひっく」
優「のどちゃん泣くか喜ぶかどちらかにしてほしいじぇ」


京「咲…」

咲「?なぁに京ちゃん」

京「いやなんでもないけどその、すげえきれいだなぁって」

咲「もう…京ちゃんそれさっきも聞いたよ」

京「え!そうか?!いやあ咲がそれくらいきれいってことさ」

咲「きょ…京ちゃん恥ずかしいなぁもう」

京「なあ咲」

咲「なに?」

京「ほんとに俺なんかでいいのか?」

咲「…それもさっき聞いたよ…何回も言ったでしょわたしは京ちゃんじゃなきゃダメだって」

京「でもなあ、もっと他にいなかったのか?」

咲「もー京ちゃんからプロポーズしたくせに変なところで不安がるんだから」

咲「京ちゃんはわたしじゃイヤ?」

京「!馬鹿野郎!!おっ俺だって咲じゃなきゃダメだ!!」

咲「じゃあ決まりだねわたしも京ちゃんも」

京「うっ!…わかったよ、そのかわり後悔すんなよ」
咲「うん!絶対幸せにしてね京ちゃん!」

京「はっ!ゆ、夢か…それにしてもやけにリアルな夢だったぜ…」

咲「京ちゃんやっと起きたの?」

京「いやなんかな、俺と咲が結婚するなんて夢を見てだなって…へ?」

咲「もー結婚なんてもう7年も前の話だよ、そんなことより早く朝ごはん食べて!」

京「えっ!?なにどういうこと!?」

咲太郎「パパ~おはよ~」
京「ええっ!?だ、誰!?」

咲「…京ちゃん息子の顔も忘れちゃったの?」

咲太郎「ママ~パパどうしちゃったの?」

京「えっ!?えええっ!?一体どーなっているんだあああああ!!!!」





END?

名前:
コメント: