■部キャプ、大学生編


美穂子「……」ズーン

久「おっは~……って暗いわね美穂子」

美穂子「ううっ、……上埜さぁ~ん」グスグス

久「ちょ、な、何があったのよ!?」ワタワタ

美穂子「あの、実は……」


 かくかくしかじか中。


久「な、なんですって!下着を盗まれたぁああっ!」

美穂子「あ、あの、もうちょっと小さい声で……」カァアアア///

久「あ、ゴメンゴメン」ボソボソ

美穂子「はい、それだけなんですが恐くなってしまって……」

久「そっかー、でも大学に入って一人暮らししたばかりで、そんな事があったら恐くて当然よ」

美穂子「あ、ありがとうございます」グスグス

久(う~ん、慰めたは良いけど、実際問題どうすれば……あっ)ピコーン♪


………………
…………
……


京太郎「はあ、それは大変でしたね……けど、それで何で俺が呼ばれたんすか?犯人を捕まえるとか?」

久「やーねー、何時現れるか分からないのに、何時までも見張らせるわけないじゃな~い」

京太郎「だったら何で???」

美穂子「あ、あの……欲しい物がありまして……」///

京太郎「はい?よく分からないですけど、美穂子さんのお願いなら出来ない事以外だったら何でもしますよ」

久「ひゅ~、言うわね~♪」

京太郎「まあ美穂子さんなら、誰かさんみたいに無理難題は言いませんからね」

久「へぇ~、良かったわね美穂子。お願いは聞いてくれるそうよ~」ニヤニヤ

美穂子「あの……あの……」

京太郎「はい!何でも言って下さい!」ドンッ

美穂子「……を……さい」

京太郎「はい?」

美穂子「京太郎さんのパンツを下さい!!!」

京太郎「…………え?」

久「出来る事なら何でもしてくれるのよね?ねえ須賀君♪」ニヤニヤ

京太郎「」

美穂子「//////」


………………
…………
……


京太郎「なるほど、下着ドロ避けに男物の下着が欲しかった……と、そう言う訳なんですね」

美穂子「は、はい///」コクコク

久「あ~あ、バレちゃったか。まあ、恥ずかしがる美穂子とボーゼンとする須賀君が見れたから、まあいっか」

京太郎(この人は……)

京太郎「まあ、良いですけど、それなら新品を買っても良かったんじゃないですか?」

美穂子「……あっ」

京太郎(……気が付かなかったのか。まあ、部長に誘導されて気がつけないようにされたんだろうな)

久「まあまあ、須賀君にはちゃ~んとご褒美をあげるから……ね♪」

京太郎「はい?」


京太郎「ムシャムシャ、ハフハフ」

美穂子「どうですか?」

京太郎「おひひいでふっ!」

美穂子「え?え?」

久「この状態を見れば分かるでしょ?美味しいってさ」

京太郎「モグモグバクバク」コクコク

久「美穂子の手料理は美味しいでしょ?」

京太郎「もぐぐっ……ふぁ、ふぁい!すげー美味しいです!こんなに美味しい料理、初めて食べましたよ!」

美穂子「///」

久「それでね、提案があるんだけど♪」

京太郎「……え?」

久「やーねー、そんな嫌そうな顔しないでよ。これは本当に良い提案なんだからさ」

京太郎「一応、聞くだけは聞きますけど……」

久「一緒に暮らさない?」

京太郎「…………へ?」

久「だから、今回の事だけじゃないけど、女性の一人暮らしは物騒でしょ?
 だから、私と美穂子はルームシェアする事にしたのよ」

京太郎「けど、けど、そこに俺が入るなんて……」ゴクリ

久「あ、ごめん、言葉が足らなかったわね///」

美穂子「そ、そうですよ!」

久「私達が借りる予定の部屋なんだけど、丁度隣の角部屋が空いてたのよ」

美穂子「そ、そうなんです!それで、角部屋は1ルームの一人暮らしに最適だから、知り合いが住んだら心強いって話しになりまして……」ゴニョゴニョ

久「そうそう、誰かさんがポロッと誰かの名前を言ったりしたわね~」

美穂子「ひ、久だって、私が京太郎君の名前を出したら、凄い乗り気になったじゃないですか!」

久「あ、あれは美穂子に乗っただけでっ///」



京太郎「」

京太郎(俺、どうなっちゃうんだろう……)


 カンッ!