京太郎「うま…」ズズズ…

胡桃「あれ、何飲んでるの?」

京太郎「あ、胡桃さん。コーヒーですよ。最近急に冷えてきましたからね…」

胡桃「ふーん…」

京太郎「…飲みます?」

胡桃「…」ムムム

京太郎「…ああ、砂糖も牛乳もありますよ?」

胡桃「…飲む」

京太郎「はいはい」スタスタ

………
京太郎「どうぞ」コトッ

胡桃「あ、ありがと…」ズズッ

胡桃「…おいし」ニヘラ

京太郎「ふふっ」ニコニコ

胡桃「…なにさ。どうせ子供っぽい味覚ですよ」プイッ

京太郎「あぁ、すみません…誤解させちゃいましたか」

胡桃「?」

京太郎「俺が笑ったのは胡桃さんのコーヒーを飲んだときの笑顔が可愛かったからですよ」

胡桃「…そんなんじゃ騙されないもん」

京太郎「そもそもコーヒーに砂糖入れるのって誰でもやってますよ?むしろ入れないと飲めないレベルのものもありますし」ズズッ

胡桃「…よく知ってるね」

京太郎「趣味ですから」

胡桃「ふーん…」コクコクコクッ「ふぅ…ごちそうさま」コトン

京太郎「もう帰るんですか?」

胡桃「ん、すぐ暗くなっちゃうし…」

京太郎「じゃあ少し待っててください。送りますよ」ゴクゴク

胡桃「別にまだ明るいから大丈夫なんだけどなぁ…」

京太郎「まぁまぁ良いじゃないですか。旅は道連れ世は情なんとやらです」

胡桃「そこまで言うなら最後まで言えば良いんじゃないかな」

京太郎「細かいことは気にしない。さ、行きましょう」

胡桃「もー…」

カンッ