豊音「京太郎くん京太郎くん!あのねあのねっ!」

京太郎「落ち着いて豊音さん。興奮し過ぎです」

京太郎「ほら深呼吸して。スー、ハー」

豊音「スー、ハー……よしっ」

京太郎「ご用件をどうぞ」

豊音「外いっぱいに雪が積もってるよー!すごいねー♪」

京太郎「あ本当だ。これだと雪掻きが大変になりそうですね」

豊音「そだねー。みんなでやるにしてもこうも積もっちゃったら一苦労だよー」

京太郎「でもこの雪なら色々遊べそうですね」

豊音「かまくらに雪だるまに雪うさぎ!あと雪合戦もしたいねー」

京太郎「かまくらと雪合戦はちょっと……。二人だと厳しいですってば」

豊音「だ、大丈夫!私がいーっぱい頑張るから!」

京太郎「影分身でもするつもりですか……」

豊音「ぁぅぅ……やっぱりダメ?」

京太郎「ダメってことはないですけど……。かまくらはどうしても何日か掛かりますよ?」

豊音「私は全然気にしないよー?」

京太郎「そうっすか………じゃあ外行きましょかね」

豊音「一緒に遊んでくれるのっ?!!わーい♪」

京太郎「いえその前に表だけでも雪掻きしないと遊べませんよ」

豊音「あ、そーだった……えへへ」


カンッ!