照「はむはむはむ」ポロポロ

京太郎「あーあーまたこぼしてる…いい加減キレーに食べることを覚えてくださいよ」サッサッ

照「食べ物が私から逃げてるだけ。私は悪くない」フイッ

京太郎「むかしからそればっかですよね…あと目ぇ逸らしたってことは自覚してんだろコラ」

照「ごめん。でも治そうと努力はしてる」パキュッ←ペットボトル

照「んぐんぐんぐ」ボタボタ

京太郎「あ゛ーーーー!!!」フキフキ

他の四人( ( ( (あいつら付き合ってるのか?) ) ) )

…………
淡「ねーきょーたろー、私のタオル知らない?」テコテコ

京太郎「んー?知らないけどお前のことだからさっきまで座ってた椅子の背もたれにかかってるんじゃないか?」

淡「あ、ホントだ!ありがとー!あ、あとねー」

京太郎「おいおい、ついさっき自分で冷蔵庫に入れてたろー?」

淡「そうでしたー☆」テヘペロ

京太郎「ったく…」

他の四人( ( ( (どう見てもカップルです本当に) ) ) )


………
尭深「…」トポポポ…

京太郎「お茶ですか?尭深さん」

尭深「あ…京太郎くん…一緒にどう?」

京太郎「いいっすね…お願いします」

尭深「任せて…」ニコッ

ーーー
「「ずずーっ…ふぅ…」」

京太郎「この季節にはありがたいですねぇー…」

尭深「うん…最近寒くなってきたし…」

京太郎「あ、そういえばこのお茶に合うお菓子用意してたんすよ」

尭深「もしかして…冷蔵庫にあった和菓子?」

京太郎「そうっす…あれ?言いましたっけ?」

尭深「ううん、聞いてないけど…見慣れないものがあったから京太郎くんが作ったんじゃないかなって…」

京太郎「…もしや今日のお茶がいつもより苦いのも?」

尭深「ふふふ」ニコニコ

京太郎「尭深さんにはかなわないなぁ…」

他の四人( ( ( (やっぱ付き合ってるんだよね?) ) ) )

……
誠子「んー…」キリキリ

京太郎「手入れですか?」

誠子「あぁ、最近少しガタがきててな…こまめにしておかないと…」

京太郎「へー…あ、グリップのゴムひび割れてますよ」

誠子「うん?…本当だ…よくこんな小さいものに気がついたな…」

京太郎「誠子さんは持ち手の根元の方を多用する癖がありますからね…そこから考えてみただけですよ」

誠子「癖を見抜かれているとはな…まぁ何度も釣りに行ってるしあり得なくはないか」

京太郎「最近は行けてませんけどねー」

誠子「ふむ…なら今度の土曜、どうだ?」

京太郎「良いですね…この時期は美味いやつが多いですしついでに調味料と米も持って行きますか」

誠子「寒空の下で食べるあつあつの魚にほかほかの米…」

「「乗るしかない、このビックウェーブに…!」」

他の四人( ( ( (君達は本当に仲がいいねぇ。付き合ってるのかい?) ) ) )


……
ザバーン…
菫「ふー…」
壁壁壁
京太郎「ふぃー…」

ーーーー
菫「あ゛あ゛あ゛あ゛」ヴヴヴヴ

京太郎「ろ゛ろ゛ろ゛ろ゛」ヴヴヴヴ

ーーー
菫「んっ、んっ、んっ…」

京太郎「んぐっ、んぐっ、んぐっ…」

「「ぷはー…風呂上がりは牛乳だな…」」

ーー
菫「ふっ!」カコン

京太郎「はっ!」カコン

菫「おっと!」カコン

京太郎「まだだ!」カコン

菫「狙い撃ちだ!」カッキィン!

京太郎「なんとぉーっ!」コァァン!!


菫「「すぅ…すぅ…」」京太郎
     ↑
互いによりかかっている

他の四人「「「「夫婦か!!」」」」

菫「「!?」」京太郎
   ビックゥ

カンッ