京太郎「ほうほう、これはこれは……」スッスッ

まこ「なーにケータイいじっとるんじゃおまえさんは。ワシらは卓についとるとゆーに」

京太郎「あー、すいません。開発してるアプリのモニターを龍門渕さんに頼まれまして」

和「アプリのモニターですか?」

優希「ひょっとしてタコスか!?タコスのアプリか!?」

京太郎「どんなアプリだよそれぇ!?麻雀を組み込んだソーシャルゲームだよ」ホレ

和「……よく見かけるタイプのものですね」

久「まぁ少なからず似たものにはなっていくわよねー、この手のもの」

京太郎「いやこれはけっこー凝った作りしてますよ。カードの絵柄は綺麗だし、組み合わせで良い配牌や手が作りやすくなりますし」

久「なるほどね、麻雀とソシャゲーの良いとこ取りね」

京太郎「後は……、そうだ咲。ちょっと来てくれ」チョイチョイ

咲「え?いいけど、なんなの京ちゃん?」トコトコ

京太郎「これがこのゲームの一番の売りだとよ」ホレ


咲そっくりなキャラクターが描かれたカード


咲「ふぁっ!?な、ななななナニコレ!?わたしぃ!?」

京太郎「おう。なんでも全国で活躍した人を中心にカード化してるんだと。後ほかにも……」スッスッ

久「あら、私もいるのね」フムフム

まこ「おおぅ……ワシもいるとはのぉ」シミジミ

優希「ぬー、さすがアタシ!カードでも決まってるじぇ!」

和「あ、私も……。それにしても、どのカードも絵のレベルが非常に高いですね」

京太郎「あぁ。全部ハギヨシさんが描いてるってさ。ホント何でもできるなぁあの人」トオイメ

咲「ホントだよねぇ……。あれ?これって……っ!」

久「?どうしたの一体?」

咲「これ!このカード見てください!」

まこ「落ち着きんしゃい、一体このカードがどうし……」



京太郎そっくりなキャラクターが描かれたカード



久、まこ、優希、和「」ブハッ


京太郎「あぁ、それか。俺も麻雀部の部員だからってことでカード化したみたいなんだよ
    たいした活躍してないからなんか気後れしちまうんだよなぁ」ハハハ

久(やだなにこのイケメンって須賀君だから当然として、須賀君のカッコ良さを完全再現してるじゃない!?)

まこ(しかも騎士のような鎧を着てるせいか凛々しさハンパなし!)

優希(それでいながら優しげで憂いを帯びたように感じるこの表情!)

和(さらに須賀君自身の優しさを伝えるようなフレーバーテキスト!)


            ( ( ( (これは、欲しいっ!) ) ) )ゴッ


京太郎「えーと、どうしたんですか?急にみんな静かになって……」

咲「きょきょきょ京ちゃん!このアプリできたら教えてね!?ね!?」ズズイッ

京太郎「え?どうしたんだよいきなりってか咲ぃ!近い近い!?近いから!?わかったから教えるから離れろぉ!」

咲「絶対だからね!?忘れたらカンするからね!?」



後日アプリは正式なものとして配信され、女性雀士の間ではとある金髪男子のカードが爆発てきな人気になったという



カンッ