京太郎「ふぅ…」ズズッ

純「これ美味いなー。豆の種類は何てーんだ?」

京太郎「あぁ、これはコスタリカ産の…」

純「へー…」

トコトコ…

衣「む?京太郎に純、そのかぐわしい香りのする飲み物は何だ?」

京太郎「あ、衣さん。これはコーヒーですよ」

衣「コーヒー…だが衣の知っているものはそのような果実のような香りはしていなかったのだが…」

純「よくわからんがこれはそういう種類らしいぞ?」

衣「ふむ…その香りならば衣にも飲めるかもしれぬ!貸してくれ!」グイッ

京太郎「あっ、ちょっ!それ砂糖入ってないから苦…」「うぅ…」ジワァ「…遅かったか…」

衣「なぜ…何故こんなにもかぐわしいのにこれほどに苦いのだ…」ウルウル

純「ははっ、お子様にゃわかんねー味なんだよ」

京太郎「…」スッ

衣「むー!衣はおねーさんだぞー!お子様ではなーい!」プンプン

純「おっと、すまんすまん。お詫びに後でとっておきのオレンジジュース飲ませてやるよ」

衣「むっ…しょ、しょうがないな…衣はおねーさんだから純の狼藉は見逃してやろう!」

純「へーへーありがとーごぜーます。ほれ、透華たちが庭でお茶してるからそっち行ってこい」

衣「うむ。では京太郎に純、さらばだ!」トテトテトテ

純「ったく…あーいうところが子供だって言うのになー」ズズッ

純「…んぐっ!?げほっげほっ!!」

京太郎「…」ニヤニヤ

純「おまっ…!京太郎…!」

京太郎「どうしました?急にせき込んで」

純「どうしましたじゃねぇ…!なにしやがる!」

京太郎「何のことかさっぱり解りませんねー」ズズッ

京太郎「あれー?このコーヒー甘いなー?何でかなー?ねー純さん?」

純「ぬぐっ…!」カァァ

京太郎「あー、俺ってばカップ間違えちゃったみたいですねー。でも何でこのコーヒー甘いんでしょうねー?お・と・なな俺たちは砂糖を入れないはずなのに…ね」ニヤニヤ

純「あ、謝るから許してください…」プルプル

京太郎「はて、謝るとは何のことでしょうか?」

純「京太郎ぉ…」ジワッ

京太郎「…まったく、自分のことを棚に上げてからかうのはこれっきりにしてあげてくださいよ?」

純「うぐ…すまん…」

京太郎「反省したならそれで良いです。はい、どうぞ」

純「…ありがとう」ズズッ

京太郎「…」ナデナデ

純「…こんな意地の悪いやつは嫌いか?」

京太郎「聞き方が反則」ペシッ

純「ぁたっ…」

京太郎「大好きですよ。見栄っ張りで意地っ張りな純さんのこと」ナデナデ

純「…さんきゅ」ギュッ

京太郎「どういたしまして」ナデナデ

カンッ