竜華「…怜がおらんで寂しいわぁ」

京太郎「仕方ないっすよ、あの人今日は病欠なんですから」

竜華「嘘や!あの子は病弱アピールひどいんやけど、病欠は一度だってしたことあらへんのや!」

京太郎「そう言われましても…実際あの人病欠なんですから」

竜華「…ホンマに?」

京太郎「ホンマです。嘘言うメリットこっちにゃないですし」

竜華「…そっかー。そないやったらしゃーないなー」

ムギュッ

京太郎「え?」

竜華「どや!気持ちええやろウチの胸は?」

京太郎「いやまあ確かに気持ちいいですけど…いきなりすぎやしませんか?」

竜華「ええねんええねん!おらん奴に甘えられはせんのやから、これはしゃーなしやで!」

京太郎「つっても俺、怜さんよりかなりデカブツですよ?」

竜華「せやから、余計甘えられるんやろー♪」

ギュギューッ

京太郎「え?え?どゆこと?」

竜華「京太郎、アンタは知らん事やったろうがウチと怜はアンタを狙うとったんやで」

京太郎「…ホンマかいな」

竜華「ホンマホンマ」

京太郎「それがホントだとして、どうしていきなり俺に甘えるんですか!」

竜華「そらもう抜け駆けよ」

京太郎「抜け駆け!?」

竜華「大体ウチばっかり怜から甘えられるんも嫌やからな…アンタがおって丁度良かったわ」

竜華「ウチかてたまには誰かに甘えたいって思うとるんやからな。部長なんぞやっとったら尚更や」

京太郎「……」

プニュッ

京太郎(だ、ダメだ…この感触には逆らえん)



これにてカン!