久「帰りの会の連絡事項は以上よ。みんなからは何かあるかしら」

咲「せんせー」

久「何かしら」

咲「昼休みのとききょーたろーくんが私の椅子の匂いをかいでましたー」

久「なんですって?」

優希「わたしのもだじぇ」

和「わたしのもです」

久「なんてこと…これはとんでもない事件ね。本当なの?須賀くん」

京太郎「ムー!ムググ!ムグ!」

久「どうやら事実のようね。急ではあるけど今から学級裁判を開きます」

京太郎「ムグー!?」

久「須賀くんが有罪だと思う人ー」

咲「はい」

優希「はいだじぇ」

和「ギルティです」

久「…満場一致で有罪ね。それでは判決を言い渡します。」

京太郎「…」

久「死刑」

京太郎「ムグー!?」

久「…はさすがに可哀想なので私の家に禁錮2日間の刑よ」

咲「その次は私の家だよ!」

優希「もちろんわたしの家にもだじぇ!」

和「そういえば父が仕事の都合で出かけているので、今家には私だけです」

京太郎「ムグー!ムグー!」

久「見なさい。須賀くんも泣いて喜んでいるわ。それではこれにて帰りの会は終了!」

咲「さようならー」

優希「また明日だじぇ!」

和「さようなら、先生」

久「さーてどんないたずらをしてあげようかしら…ふふふ…」

京太郎「」ガクガクガクガク

まこ「…部活を休みにして何をやるかと思ったらこんな茶番を始めよってからに。全くおふざけがすぎるのう」

京太郎「…」助けを求める視線

まこ「ん?…ああ、安心せい」

京太郎「!」

まこ「最後はわしの店でたっぷり可愛がってやるけえのう」

京太郎「!?」

京太郎「ム…」

京太郎「ムグー!!!」

カン