塞「もしも見当違いだったらすぐに否定してよ。本当ならこんなこと口に出したくもないからさ」

白望「…………」

塞「シロ」

白望「塞はさ、ホントに京太郎のことが好きだよね」

塞「ねえやめてよシロ、私の思い過ごしだってことにすればいいじゃない。こんなのってないよ」

白望「私がどれだけ否定したって塞は納得しないでしょう。何もかも全て塞の考えてる通りだよ」

塞「だったらシロは私のために京太郎を振ったって言うの。あんただってあの子が好きなくせに」

白望「私の気持ちなんて関係ないよ、塞と京太郎が幸せならそれでいいと思ってる。嘘じゃない」

塞「嘘だよ!」

白望「私からすればどうして塞がムキになるのか分からないよ。京太郎が好きなんじゃないの?」

塞「本気で言ってるわけじゃないよね。それ」

白望「ほらね、やっぱり納得しない。堂々巡りはダルいだけだしここらで止めにしてほしいかな」

塞「あんたね!」

白望「離してよ。痛いから」

塞「人を馬鹿にするのも大概にしろって言ってんのよ。あの子がどれだけあんたのことをねえ!」

白望「離せよ」

塞「…………」

白望「黙って聞いてたら何? 京太郎を幸せにしてあげられるのが私だけだとでも言いたいの?」

塞「事実、そうでしょうが」

白望「そんな風に甘えたがりで人任せな態度だからダルいって言ってるんだよ。分からないかな」

塞「は?」

白望「正直イライラするんだよ。京太郎に好かれる努力もしないくせに意見ばっかり一丁前でさ」

塞「…………」

白望「京太郎だってそう思うでしょう? そんなところで盗み聞きなんかしてないで出てきなよ」

京太郎「…………」

塞「京太郎くん」

白望「そういうことだから塞のことは頼んだよ。私の一番の親友だもん、泣かせたりしないでね」

京太郎「白望さんはどう思っているんですか。あなたのほんとうの気持ちは一体どこにあるんだ」

白望「…………」

京太郎「白望さん」

白望「おでこを出して。少しの間目を閉じて」

京太郎「え?」

白望「いいから」

京太郎「…………」

白望「んっ」

塞「シロ、あんた」

白望「こんだけでいいから」

塞「…………」

白望「私のほんとうの気持ちはいつだってここにあるよ、塞も京太郎も大嫌いだから。だからさ」



白望「幸せになってね」