公式サイトの撮影会的な

カメラマン「はい、オッケーです」

照「ふぅ……さて、京ちゃんのところに」

洋榎「待ちや」

照「?えっと……愛宕さんの妹さん?」

洋榎「うちは姉の方や!」

照「!?」

洋榎「なんでそんな驚いた顔しとるん!」

照「妹さんの方が、色々大きい……」

洋榎「やかましい!そんなことよりアレや。なんで京太郎を京ちゃんて呼んどるんや?」

照「京ちゃんは昔からの知り合いだから」

洋榎「ほほう」

照「つまり私のものに」

洋榎「あ?」

和「」ガタッ

小蒔「」ガタッ

智葉「」カチャッ

白望「」ダルー

洋榎「あ、いや。ドスはしまってや。うん」

照「……怖い」

智葉「ああ、なぜか持たされてな」スッ

小蒔「に、似合ってますよ?」

智葉「ありがとう」

和「それで、須賀くんが誰のもの、ですって?」

照「私のもの。昔からの知り合いっていうアドバンテージは大きい」ドヤァ

洋榎「はん!そんなもん出会ってからのインパクトで消し飛ばしたる!」

照「最終手段はマスコミの前で京ちゃんって呼ぶ」全国1位

智葉「ほう、それなら私もできるかな」全国3位

小蒔「わ、私だって!」各方面から注目されている

和「そういうことならここにいるみんなができませんか?」インターミドルチャンピオン

白望「私は無理だな……でもなんか向こうから話しかけてきた」

和「ああ……彼、巨乳好きでしたね……ふふっ」ドーン

照「」ペターン

洋榎「」ペターン

白望「なるほど……」ドーン

小蒔「え、え?」ドーン

智葉「……ふう、少しきついかな」シュル

洋榎「サラシ……やと……!?」

照「くっ……そういえば去年鏡で見たときより……」

洋榎「そんなっ……うちら3人は同じやと思っとったのに……そういや、もう一人いたちっこいのはどこ行ったん?」

和「穏乃ですか?そういえば見ませんね」

小蒔「確か……撮影が終わったらどこかに走っていかれましたよ?」



穏乃「京太郎!そっち終わった?ラーメン食べにいこうラーメン!!」

京太郎「そんな走るなって。ラーメンって、この辺りにラーメン屋あったか?」

穏乃「千里山の人に教えてもらったとこがあるんだよ!色々食べてみたいから二人で分けよう!!」

京太郎「お、いいな。じゃあ俺はチャーシューメンとチャーハンにするかな」

穏乃「じゃー、私はラーメンと餃子と麻婆豆腐と焼きそばとかに玉と春巻き…」

京太郎「食いすぎだっての!」

穏乃「えー?いいじゃん」

その後、他のメンバーに見つかってみんなで食べにいくことになったとか


カンッ!!