京太郎「うは~この設定まじかよ。俺、高一で182cmとかモデル体型じゃねぇか」

咲「なに浮かれてるの?京ちゃん」

咲「もしかして『このステータスを触れ回れば俺も明日からおもち女子にモテまくりだぜぇ。わっはっはっはっはー』」

咲「なぁんて思っちゃってる?」

京太郎「なんだよいきなり突っかかってきて・・・冷静に考えてみれば俺、モテる要素しかないだろ」

京太郎「高身長、イケメン、金髪、料理スキルあり、麻雀系男子」

京太郎「あとイケメン」

咲「なんで2回言ったの?京ちゃんが高身長なのは認めるけど顔は言うほどのものじゃ・・・ねぇ?」

咲「それに料理スキルって(笑)。ただタコスちょっと作れるってだけで思い上がりもはなはだしいよ」

咲「あと麻雀系男子って何?京ちゃんが半荘の間に一度も和了できないのなんて日常茶飯事じゃない。焼鳥系男子の方が私しっくりくるなぁ」

京太郎「そこまでにしておけよこのポンコツ~」ギュゥゥゥ

咲「ふわぁ~!いふぁいいふぁいいふぁい~!ふぁってほんふぉのこふぉひゃない!」

京太郎「事実でもそこまで言うことないいだろ」パッ

咲「うぅ。だってー」

咲「京ちゃんがま~た叶わぬ夢を追ってるみたいだから釘をさしておこうと思って」

咲「それに隣にお似合いの女の子がいるでしょ。おもちはないけど」ボソッ

京太郎「え?なんだって?」

咲「なんでもないよ!この鈍感系男子!」



カンッ