界隈探して三千里、探し人は行方が知れず。

探せ探せど影さえ踏めず。

踏みし歩数に連れられて、長針はくるりと一回り。

短針半分歩いたら、頭を抱えて一捻り。

あっちに不思議、こっちに輝くお天道様。

されど見る影は何れも不正解。

何処へ行った迷い人、お前の探してたのは一体なぁに?


「なーに黄昏てるんだよ、咲。」


「あ、京ちゃん。」

寒梅厳しく身を引き締めて。

歩く姿に迷い込み、目線は不安をより語る。

生まれてこの方、この頭。

輝く姿であるならば、見るもの目印この上なし。

誰かが必要とするならば、灯台となり暮らしましょう。

帰りたければ見えるはず。

お前のランタン、仄かな導となるのかな?

「寒いんだからマフラー位してこいよ。」

「うぅ・・・また玄関に忘れたぁ・・・」

迷い人に捜し人。

片方がいるから、片方が必要なわけで。

迷った時はお互い様。

なんてことなく、手を差し出して「はい、どうぞ。」と声を掛ける。


「全く・・・しゃーねーポンコツだな。」

「ん・・・ありがと、京ちゃん。」

借りたマフラー身にまとい、北風突風なんのその。
マフラー貸して、そっぽ向き。まだまだ青い空の色。
師匠は走るこの季節、二人はゆるりと歩き出す。
歩幅はきっちり合わさって、並ぶ姿はさも自然。
今日も良いことありました、二人はそっと記憶する。


これにてカン