穏乃「すごー!これって大型?」

京太郎「いんや。それで中型バイクだぜ」

京太郎「つっても十分馬力もあるし図体もそれなりだけどな」

穏乃「あのさ乗ってみても良い?一回だけでいいから!」

京太郎「良いけど色々残念なことになる未来しか見えないぞ…」

穏乃「へーきへーき♪じゃ乗るね」

穏乃「んしょ……。ハンドル太ーい!」

京太郎「しずの手がちっちゃいってのが原因だと思うんだがそれは」

穏乃「そう?別にちっちゃくはないと思うけどなー」プラーンプラーン

京太郎「下に足着いてないって分かってる状況でそれを言うか」

京太郎「言っとくけど、知らない人が見れば親戚のバイクに跨がってる小学生で通るぜ」

穏乃「それは流石にないって。私もう高校生だよ?」

京太郎「そうは言うが、身形が取り残されてんだって」

穏乃「やっぱ身長かな」

京太郎「だろうな。せめて140あれば違ってくるんだろうけど」

穏乃「じゃあ背伸びしてたら良いかも?!」ピーン

穏乃「どう?高校生に見えるかな」

京太郎「ぜんっぜん。良くて中学生だ」

京太郎「しっかし、背伸びして俺の肩よりも下ってすげぇな」

穏乃「好きでこうなったんじゃないしぃ!なんだったらきょーたろーの背分けてよ」

京太郎「出来るかバカたれ」

穏乃「良いからよこせー!10センチで良いからさっ」ダキッ ギュー

京太郎「だーっ!もうめんどくせぇなしず!しかも10センチって結構持って行くんだな」

穏乃「だってそれだと私ときょーたろーとの身長差が20センチになるし」ギューッ

穏乃「背伸びしたら良い感じになるんだってば」

京太郎「訳わかんねぇよ!つか離れろよ暑苦しいんだよ」

穏乃「分けてくれるまで離れないぞー」グヌヌ


カンッ!