京太郎「春~メシ出来たぞ~」

ガララ

春「今いい所だから後で」ポリポリ

京太郎「何が良い所だよ。ただ黒糖食ってるだけじゃねえか」

京太郎「それともアレか、俺の作ったメシは食えないってか?」

春「違う。黒糖が口の中で馴染んでるからもう少し味わってたい」ポリポリ

京太郎「どの道俺の料理が黒糖に負けてるのには変わってないのかよ」

京太郎「これでも色んな人に教えてもらってて霞さんも驚かせたんだぜ?」

春「ああ、だから」ポンッ

京太郎「……は?」

春「昨日、脱衣所で唸ってた原因が分かった」ポリポリ

京太郎「ああそうですか……。春もそうならない様にな」

京太郎「手遅れかも知れんけど」

春「…………何故知ってる」ギロッ ポリポリ

京太郎「自覚あるなら手を止めようか」

春「見たの?」

京太郎「何を?言っとくが覗きなんて真似はしてないからな」

春「ならどうして……」ポリポリ

京太郎「そりゃこのゴミの量見れば小学生でも分かるんじゃないか」

春「これくらい許容範囲」ポリポリ

京太郎「お前の許容範囲を世間の許容範囲と勘違いしちゃいけません」

京太郎「どう見てもこの部屋は異常だよ」

春「そんなことない」プイッ ポリポリ

京太郎「いいから黒糖食うの止めろ。はい没収」ヒョイ


春「あ………ああっ!」

京太郎「帰しません。つかメシなんだから自重しろよ」

春「いやだ。今黒糖がたべたいの」ピョンピョン

春「んっ!ん~~!!」ピョン

春「かえしてぇ、かえしてよ!」ノビーッ

京太郎「ハッハッハッ。ほれほれどうした滝見春?お前の黒糖への熱意は」

春「…………もう怒った」

京太郎「怒れ怒れ。んでカロリー消費しろ」

春「―えいっ」ドスッ

京太郎「―ぐほぁ!?」ゴフッ

春「取れた」チョコン(春on京's腹)

京太郎「は……春ぅ…鳩尾への頭突きは…はんっ、反則…だぞ………っ」ピクピクッ

春「なんもかんも、京太郎が悪い」ニコッ

京太郎「あと、地味に苦しいから上からどいてくれ…」

春「…むっ」ペシン

カンッ!