咲「・・・」ジー

和「・・・」

咲「はぁ・・・」

和「?どうしました、咲さん?」

咲「え?ううん、なんでもないよ、和ちゃん」


下校中。

咲「はぁ・・・同じ歳、同じくらいの身長なのに・・・何でこうも違うかなぁ」ペタペタ

咲(はっ、つい(自分の)胸を触る仕草を!み、見られてないよね・・・///)

京太郎「よっ、咲!今帰りか?」

咲「わああ!?」

京太郎「おおう!?」

咲「な、なんだ、京ちゃんか・・・」

京太郎「何だってなんだよ。ていうか背中に哀愁漂ってたぞ、どうした?悩み事か?」

咲「うーん、京ちゃんに言ってもなぁ…」

京太郎「おーおー、言うようになりやがって。中学の時友達と喧嘩したって泣きついてきたのは誰だったっけ?」

咲「む、昔は昔///!」

京太郎「そうかい。まー、もう高校生だしな。悩みなんか人にペラペラ喋ることもないか」

二人「・・・」

咲「・・・・・京ちゃんはさ、(胸が)小さい女の子ってどう思う?」←少し胸のあたりを気にしながら

京太郎「(小さい?・・・背のことか?)そうだなあ・・・」←見てない

京太郎「俺は別にいいと思うけどな」

咲「えっ、ホントに!?」

京太郎「何驚いてんだよ」

咲「そ、そんなことないけど…」

京太郎「(ははーん、こいつ・・・)なんだよ、そんなこと気にしてんのか?」

咲「そんなことって、結構大事なんだけど…」

京太郎「心配すんな、まだ高校生なんだし、少しは伸びるって」

京太郎「それに、こうやってさ」ポン

咲「わっ」

京太郎「楽に頭に手置ける身長差嫌いじゃないぜ」

咲「(京ちゃん身長の話と勘違いしてる・・・)もう、人の頭に手乗せないでよー」

京太郎「なにー、嫌と言われると尚更やりたくなるのが性よ!」ワシャワシャ

咲「あうう、やめてよー。むー、京ちゃんスキあり!」バッ

京太郎「うひっ!?」

咲「この身長差、私にとっては脇をくすぐりやすい位置なんだよ!」コチョコチョ

京太郎「あひゃ、やめろ咲!俺が悪かった!ひぃー!」

咲「やめなーい」

京太郎「ぐ…咲、俺のちょっかいに仕返しするとは、成長したな・・・」フラフラ

咲「・・・ふふふ、あははっ」

京太郎「お、おい、どうした咲。頭撫ですぎておかしくなったか?」

咲「違うよー。なんか、京ちゃんとはしゃいでたら悩みとかどうでもよくなっちゃって!」

京太郎「(やっぱ悩んでたんかい)そうか、そりゃどういたしまして」

咲「ふふ、ありがとね京ちゃん」


咲(胸とか、身長とか、こだわる必要なかった。京ちゃんといつも通り居られるなら。・・・でも、胸はもう少し欲しい、かな?)




モブ男「リア充爆発しろ」


カン!