由暉子「はぁ…」

京太郎「ため息なんかついてどうしたんだ?」

由暉子「今日の身体測定で身長がまったく伸びていなくて」

京太郎「高校生だしまだこれから伸びるんじゃないか?」

由暉子「でも身長が小学生のころからほとんど変わらないんです」

京太郎「ちなみに身長聞いても大丈夫?」

由暉子「144センチです」ケロッ

京太郎「おい、さらっと嘘をつくんじゃない。さっき本内先輩が144って言ってたしもっと小さいだろ」

由暉子「あら、ばれてしまいましたか」

京太郎「わかりやすい嘘はやめなさい」

由暉子「本当は139センチですよ」

京太郎「俺と42センチ差か…140いってないとかほんとに小さいな」

由暉子「ちなみに小4女子の平均身長くらいですね」

京太郎「小4か…そう聞くと余計に小さく感じるな」

由暉子「でも体重は…悲しいですね」

京太郎(確実に原因はその大きい胸だろ。むしろもっと重くなれ!)

京太郎「いやいや、ユキならぜんぜん軽そうだろ。だっことか平気でできそうだし」

由暉子「じゃあしてくれまか?」

京太郎「なんでそうなるんだ…」

由暉子「だってだっこぐらい平気だって言いましたよね」

京太郎「言ったけど別に実際にやるなんて言ってないからな」

由暉子「やっぱり私みたいな太った子なんて…」グスッ

京太郎「わわわかった! だっこしてやるから、な?」

由暉子「じゃあ早速おねがいします」ケロッ

京太郎「やっぱ嘘泣きかよ!」


由暉子「さあ、どうぞ」

京太郎「じゃあ失礼して…よっと!」グッ

由暉子「わっ、軽々と持ち上げてすごいですね」

京太郎「一応男だからな」

由暉子「少し高くて怖いですね」ギュッ

京太郎(ユキが抱きついてくるせいでおもちが当たってる!)ムニムニ

京太郎「てかユキって軽すぎるな、もっと飯食わないと」

由暉子「ちゃんと必要な分を計算して食べてます、なのにどんどん増えていくんですよね」

京太郎(つまりいまだにこの胸は成長を…末恐ろしいなユキは)

由暉子「こうしてだっこなんかされていると恋人みたいですね?」

京太郎「ばっ、ばかだな! 恋人と言うよりは妹だろ!」

由暉子「妹ですか…京太郎おにいちゃん?」

京太郎「やめろ」

由暉子「京太郎おにいちゃんどうして嫌がるの?」

京太郎「まて、本当に開いちゃいけない扉開けそうだからそれ」

由暉子「わかりました、私も妹というのはいやですから」

京太郎「だよな、俺の妹なんて…」

由暉子「最低でも夫婦でないと」

京太郎「それで最低なの!?」

由暉子「冗談ですよ、 あ な た ♪」

京太郎「そんなこと言ってるからもうおろすぞー」

由暉子「あらあら、残念です」

京太郎「部活までまだ時間あるな…」

由暉子「じゃあ2人でネトマでもしましょう。先輩たちが来るまで扱いてあげます」

京太郎「お手柔らかにお願いします」


京太郎「……」カチカチ

由暉子「あっ、それじゃないです」

京太郎「あのさ…」カチカチ

由暉子「質問ですか?」

京太郎「なんでユキは俺の膝に座っているのかな?」

由暉子「さっき軽いって言ってましたし別にいいじゃないですか、横からだと見にくいですし」モゾモゾ

京太郎「あの、そこで動かれると色々と大変なんだ。あとこの後ろから角度だとちょっとすばらなものがちらっと見えそうで…」

由暉子「小4の子と同じような体の子に欲情するんですか? ロリコンなんですね」

京太郎「ロリコンじゃねぇよ! てかユキみたいな胸の小4がいてたまるかよっ!」

由暉子「少しは集中してください、胸に気をとられてるからこんなにぼろぼろになるんです」

京太郎「無理だって! ユキは自分のロリ爆乳の破壊力わかってないだろ!」

由暉子「なに言ってるんですか? わかってるからこうして誘惑してるんじゃないですか」

京太郎「なに、襲われたいの? 襲っちゃうよ?」

由暉子「ええ、さっきから硬くなっているそれで私を貫いてくれてけっこうです、むしろ貫いちゃってください」

京太郎「この変態め!」

由暉子「えっちな子は嫌いですか?」

京太郎「大好きだよ!」

由暉子「さあ一緒に新しい命を作りましょう」

京太郎「いや、避妊はきちんとね。てかユキみたいなちっちゃい子でもお母さんになれる準備できてるとかすっごい興奮する」

由暉子「じゃあ今日は部活をサボって…」



由暉子「ひゃんっ! もっとくださいっ!」ブルンブルン

京太郎「おう、まかせろっ!」パンパン

由暉子「小さい私にこんな大きいのが…あぁん!」ビクッ

京太郎「うっ…ユキのロリ爆乳は最高だぜ」ビュルッ

カン!