桃子「ふんふんふ~ん♪」

K「へい、そこの可愛い彼女、一緒にお茶しない?」

桃子「いえ、待ち合わせしてるっすから」

KU「そんな事言わずにさ!ちょっとだけ!ちょっとだけでいいから!」

桃子「いやぁ…ちょっとだけでも駄目っすよ。彼、怒っちゃうっすから」

KUR「かーっ!そんな心の狭い奴と待ち合わせなんてしてるの!?そんな奴ポイしなよ!」

桃子「いやいや、大事な人っすから」

KURO「……分かったよ。だがせめておもちだけでも揉ませろー!!」ガバッ

桃子「いやーーっ!!」もみもみ

???「待てぃ!!」

玄「何奴!?」くるっ

京太郎「清澄の須賀京太郎!」ババーン!

桃子「やっぱり来てくれたっすね、京さん!」

京太郎「桃子、無事か?」

桃子「はい!私は無事っすよ」

京太郎「そうか……(クワッ!)おい、そこのお前!俺の彼女にここまでした以上、それ相応の覚悟は出来ているんだろうな!?」

玄「ほざけ!貴様を倒してからそこのおもちを堪能させてもらうよ!」ワキワキ

京太郎「ふっ…雑魚が。どこからでもかかってこい!!」

玄「おもちーーっ!!」ガバッ

京太郎「後悔先に立たずという言葉を身を持って知るがいい!鳳凰座最大の奥義!京翼天翔!!」ドガシャアッ!!

玄「へぶしっ!!」ズダーーン!!

京太郎「惰弱な……では行くとするか、桃子」

桃子「はいっす!」

カンッ