京太郎宅

京太郎「いっけねお茶切らしてた。ちょっと買ってきます!すぐ戻るんで待っててください!」

バタンッ タタタタ…

まこ「…ほんじゃ家主も居なくなったことだしベッドの下でも探検してみようかのう」

いちご「ええっ!?それはさすがにマズいと思うんじゃ」

誠子「うんうん。男子高校生のベッドなんてどんなお宝が隠されてるかわかったもんじゃないからね」

まこ「…おぬし結構乗り気じゃな?」

誠子「ははは。じゃ、さっそく見てみるとしようか」

いちご「ちゃちゃのんの話も聞くんじゃー!」

まこ「おぬしは相変わらずお固いのう…お、早速発見じゃ。どれどれ…」

月刊めがね 緑髪の先輩特集


誠子「この辺りかな…よし!フィッシュ!」

週刊ぴちぴちまぁめいど 巻頭カラーボーイッシュ現役女子校生ギリギリヌード


いちご「ちゃ、ちゃちゃのんも探すんじゃ!ん~………あった!見つけたんじゃ!」

日刊ぼくのアイドル 衝撃!容赦無い役満攻めにガチ泣きするストロベリーちゃん


.


まこ(な)

誠子(な)

いちご(な)

三人( ( (なんじゃこりゃー!) ) )

まこ(このモデルどことなくわしに…まさかあやつわしのことが…?)

誠子(うわあ…うわあ…このモデル私そっくりじゃないか…もしかしていつも私をそういう目で…)

いちご「これ完全にちゃちゃのんなんじゃ!どうなってるんじゃ!そんなん考慮しとらんよ!」

まこ 誠子「えっ?」

いちご「えっ?」


みせあいっこ


まこ「ふむ、なるほど。これは直接問いただす必要がありそうじゃのう」

誠子「それも体に直接…ね」

いちご「ちゃちゃのんはキチンとした説明を要求するんじゃ!」

バタンッ

京太郎「今帰りました!いやーお待たせしてすいません!…え?なんですかこの空気」

まこ「京太郎…」

誠子「京太郎…」

いちご「京太郎…」

京太郎「え?え?なんで三人共そんな目で俺を見るんですか?え?うわ、ちょ、痛、ギャーーーーー!」

カン