煌「納得のいくようにちゃんと説明してよ。どうして姫子が京太郎に膝枕しているの?」

京太郎「落ち着いてください煌先輩。これには海よりも深い理由があってですね!」

姫子「やーもすーもなか話よ花田。きょうたろが私のお膝ば試したか言うたけん、したまでばい」

煌「…………」

京太郎「だって煌先輩、なんか機嫌悪そうじゃないですか。今日は膝枕してくれませんでしたし」

煌「そんなの理由にならないでしょう。京太郎に膝枕していいのは、たった一人私だけですから」

姫子「みたんなか」

煌「何か言いましたか姫子。京太郎の頭を撫でるのもそろそろ見過ごせない気分なんですけど」

姫子「そいで大いに結構、きょうたろとのスキンシップに花田のお許しなんて必要なか。えへへ」

京太郎「ちょっと姫子先輩! いろいろ当たってますから離れてくださいってば!」

姫子「きょうたろったらちゃーがつかと? やーらしか、おねーさんのものになりんしゃい!」

煌「姫子!」

京太郎「…………」

姫子「あは」

煌「それ以上京太郎に体を押し付けてみなよ。たとえ姫子でも絶対に許さないから」

姫子「えすかえすか、そいぎ今日のところはこいでおしまい。焦らしてごめんねきょうたろー?」

煌「京太郎はちょっと来てよ。話したいことがあるの」

京太郎「煌先輩」

煌「いいから来て」



京太郎「えっと、なんかすいません。そういう事情があったなんて俺知らなくて」

煌「まあでも、なんだかんだ言って私も京太郎に八つ当たりしちゃったし。お相子なんだろうね」

京太郎「俺に何かできることはありませんか。もしもお腹が痛いならいつまでだって擦りますよ」

煌「嬉しいけれど気持ちだけ受け取っておくね。そこまで重いわけじゃないから心配いらないよ」

京太郎「でも」

煌「だったら今日は京太郎が膝枕してくれる? こればっかりは姫子にだってしてないでしょう」

京太郎「それはお安い御用ですけど、男の膝枕なんてちっとも気持ちよくないと思いますよ?」

煌「それでも別にいいんだよ、私がしてって言ってるんだもん。少しはいい夢見せてくださいよ」



煌「誰よりきっと愛してますからね。京太郎」