京太郎「お邪魔しまーす」

一「と言っても使用人室なんだけどね」

京太郎「いやあでもなかなか広いですね、流石龍門淵」

一「それほどでもあるよ」

京太郎「ありますか」

一「透華のことなら幾らでも褒めてね、じゃあ僕は部屋着に着替えてくるよ」バタン

京太郎「うーん、メイド服姿も乙なものなんだが」


一「そ、それじゃあ…開けるね」

京太郎「はあ、どうぞ(自分の部屋なんだから自由に入ればいいのに)」

一「つ、ついでにお茶注いでおいたよ…」ガチャ

京太郎「はは、ついでに注い…って、なぬぅ!?」

京太郎(こ、これは最早ただの布…いや、布なのか? 俺にはそれは服というより、秘所を目印に置かれたただのリボンとフリルにしか見えない! ワンポイントならぬスリーポイント、それ以外には何もない)
京太郎(以前の服もかなり刺激的な様相を呈していたが、これはそれを超越している!)
京太郎(これがいつもの部屋着なのか!?)


一「ほ、ほら、お茶入ったよ」

京太郎「ハッ!? あっそっすね、ハイ」

一京「…」ズズー

一(ヤバいヤバいヤバいヤバい。やっぱりこれはマズかったかな。いやいつももそれなりに露出を意識してるところはあるけど、これは流石に無かったかな?)
一(隠してないもんね、隠してないもんねこれ! 大事なところ隠してるから大丈夫って顔してるけど、今もリボンからさきっぽはみ出してるしね! フリルの真ん中ぱっかーんって開いちゃってるしね!)
一(やっぱりこれマズかったんじゃ…京太郎君は…)

京太郎「お、おいしっスね」プイッ

一(顔メチャクチャ背けてるー!!??)ガビーン
一(ヤバいよヤバいよ! 顔120°背けちゃってるよ! どうする…)
一(…いや、どうかする必要なんてない。折角僕のこと意識してくれたチャンスなんだ)
一(ここは…攻めていく!)

京太郎(落ち着け須賀京太郎…コスモを感じるんだ。そうだ、宇宙に比べれば色欲なんてちっぽけなことだ。あんな、ちっぽけ、ちっぽ、ぽっち…)

一「考え込んでどうしたの?」ポンポン

京太郎「いつの間に!?」ガタッ

一「どうしたの、急に立って」

京太郎「たっ、勃ってなんかいませんよ!」

一「おかしな京太郎君」クスッ

京太郎「うっ…」
京太郎(すごく妖艶な笑みだ…。しかしそれは俺の勘違いなんだろう。一さんにとっては、極当たり前のことなんだ。そう、この服も…)

一「ねえ、京太郎君…この服、どう? 似合ってる?」

京太郎「へえ!?」

一「今日初めて着てみたんだけど…ちょっと派手すぎたかなって」

京太郎「ああ…そうですね、あの…刺激的で。うん、大胆ですね」

一「やっぱりそうかな。ねえ、この胸元のリボン触ってみて」グイッ

京太郎「んほぉ!?」
京太郎(触ってって、リボンとその横の突起のどっち!?)

一「ほら、滑らかなシルクの肌触りが…んっ」ピクン

京太郎「す、すみませ…!」

一「ね、いいでしょ? こっちのフリルもいい生地だから…」

京太郎(フリル…華やかで、薄くて、しっとり濡れている…一さんのフリル)

一「触ってみて、僕のフリル」

カン