京太郎「あぁ…」

雅枝「あたた…」

京太郎「すいません…初めてで暴走しちゃって…」

雅枝「激しくしすぎや…それで初めての感想は?」

京太郎「気持ちよかったです…」

雅枝「そうありきたりな回答やのうて…もっとこう…な?」

京太郎「あーなんというかすごく暖かかったです」

雅枝「ふむ…」

京太郎「自分で手やオナホ使ってするのと違って…なんていうか雅枝さんの体温が感じられて」

雅枝「それでそれで?」

京太郎「最初に咥えてもらったときとか…もう熱くて溶けてるみたいな」

京太郎「それに咥えてる雅枝さんがエロくて…それだけでもうイケそうでした」

雅枝「実際すぐにイッたしな」

京太郎「初めてなんですからそこは許してください、若いから回数でカバーしますから」

雅枝「あと出すときはちゃんと言わんと、いきなり出されたら喉に絡まって苦しいんや」

京太郎「あと胸も想像よりずっとやわらかいんですね、でも弾力もあっておもちって言う意味がわかりました」

雅枝「胸がたれないように手入れはがんばっとったからな」

京太郎「そのおかげで夢中になってもんじゃいましたね、大丈夫でしたか?」

雅枝「…次はもう少しやさしく」

京太郎「そして挿入するときは…なんか逆に冷静になれましたね、これで童貞捨てるんだって思って」

京太郎「あそこが思ってたより下にあって、それで入れようとしたら思ったよりきつかったです」

雅枝「京太郎のでかかったからなぁ」

京太郎「するっと行くのかと思ってたんですけど、こう少し力入れて押し進めないといけなかったです」

京太郎「それで入った後のことは正直あまり覚えていなくて…もう必死に腰振って果てて回復しての繰り返しで」

雅枝「うちがなに言っても聞いてなかったしな」

京太郎「もう余裕なんてなかったですから、本能に任せって感じで」


雅枝「本能に任せるんはええけど、あんなに容赦なく出して3人目できたらどないする気や?」

京太郎「まあ覚悟はしてますから、それで雅枝さんこそどうでした?」

雅枝「んっ?」

京太郎「初めてでぜんぜんうまくなかったですけど、雅枝さんだって数年ぶりって言ってたじゃないですか」

雅枝「あー確かに久しぶりでうちものりのりやったで…まあ後半は京太郎の性欲について行けんかったけどな」

京太郎「すいません若いもんでお盛んなんですよ」

雅枝「うちはおばさんやしな…ほんとによかったんか?」

京太郎「何がですか?」

雅枝「うちみたいな年の離れたおばさんとセックスして、あんたならもっと若くてええ子みつかったやろ?」

京太郎「雅枝さんなら年離れてたって関係ないですから、大好きですし」

雅枝「…子供のくせにうれしいこといってくれるな」

京太郎「事実ですから」

雅枝「おばさんを捨てたら後が怖いけど覚悟は出来とるんか?」

京太郎「捨てませんから」

雅枝「若くて可愛い子が誘ってきてもうち選んでくれるんか?」

京太郎「雅枝さん以外ともうセックスするつもりはありませんから」

雅枝「…ほんまに?」

京太郎「本当です、愛してますから」

雅枝「そうか…」

京太郎「あとその…申し訳ないんですけど…さっきまでのことはなしてたらまた元気に…」

雅枝「あんたは…まじめな話してたときに…」

京太郎「あはは…すいませんね」

雅枝「しゃーないな、ならもういっかい…」

カン!