胡桃「京太郎!」

京太郎「なんですか?」

胡桃「なんで皆私の事を子供扱いするのかな!?もう高三なんだけど!」

京太郎「それは……なんででしょうねぇ…(背が小さいからとか言えない)」

胡桃「どうすれば皆等身大の扱いをしてくれるのかな?」

京太郎「大人っぽくなれば……」

胡桃「大人っぽくってどうすればなれるのよ!?」

京太郎「いきなりそんな事言われましても」

胡桃「少し待ってあげるから知ってる事を教えなさいよ!」

京太郎「う~んと……あ!そうそう、処女を捨てると大人っぽくなるって聞いた事ありますよ!どうですか!?」

胡桃「………相手がいない…」

京太郎「…それはすいませんでした」

胡桃「何よ!謝るくらいならあんたが相手になりなさいよ!」

京太郎「えぇっ!?」

胡桃「それとも……私みたいな幼児体型、嫌……?」

京太郎「いえ、小さい子は好物です。けど、本当にいいんですか?」

胡桃「京太郎になら……バージンあげてもいいよ……///」

京太郎「それなら……いただきます!」

続かない