照「さて、始めようか……」ゴッ

洋榎「最強の三年生を決める戦い……負けへんで!」ゴッ

宥「あわわっ、な、なんで私が此処に……」ガクガク

洋榎「そんなん阿知賀の戦績を見れば一発やで!阿知賀のエースは間違いなくアンタや!松実おもち!」

宥「おもち?私の名前は宥ですよ?」キョトンッ

洋榎「……(しもうた、ハズした!)」///


?「あの……」

照「何かな、京ちゃん?」

京太郎「俺こそ、なんで此処に居るんですかね?しかも縛られて……」

洋榎「そんなん、決まっとるやん」カンラカンラ

京太郎「聞きたくないですが……、その理由は?」

照「勝負に景品は付き物……」グッb

京太郎「うわあああ!やっぱりかー!」

洋榎「まあまあ、景品いうても、こんな美女三人に囲まれて打てるんや、役得やろー」ウフンッ♪

京太郎「アーハイソウデスネー」

洋榎「……その切り返しはわかっとったけど、……実際にやられると腹立つなあ」

京太郎「とにかく、縄を解いてくださいよ」

照「逃げない?」

京太郎「逃げませんけど、帰ります」

照「なら、ダメ」

京太郎「……クッ」


宥「……あの」

京太郎「?」

宥「京太郎くんは、私達と一緒に居るのは……嫌かな?」

京太郎「……」ズギューンッ!

京太郎「さあ!早く打ちましょう!ガンガン頑張りましょうね!」

宥「うふふ♪」

照「……」
洋榎「……」

洋榎「なんや、この敗北感は……」

照「……」ジー

照「オモチかな……」ボソッ

洋榎「格差社会なんて嫌いやあああああああっ!!!」


 カンッ!