憧「あれ…玄はまだ来てないの?」

京太郎「ああ、少し遅れるらしいぞ」

穏乃「あーコタツ暖かいねー」ヌクヌク

憧「掘りごたつなんてあんたの家いいもん持ってるわよねー」ヌクヌク

京太郎「そうか?」

穏乃「だって普通の家は温水プールなんてないし」

憧「宥姉が来たらもう住み始めちゃうんじゃない?」

京太郎「そんなこ…っっ!」ビクッ

憧「どうかした?」

京太郎「いやなんでも…」チラッ

玄「……」

京太郎(おい、なにすんだよ。コタツから2人を脅かすんじゃなかったのかよ?)コソコソ

玄(2人とそんないちゃいちゃして…おしおきだよ?)ジジッ

京太郎(なにを…)

穏乃「なにしてるの?」

玄(こここうするのが気持ちんでしょ? 京太郎くんの気持ちいとこ全部知ってるからね)グニグニ

京太郎「いやっ! ほんとなんでもないから!」

穏乃「そう…?」

京太郎(いいかげんにしろ!)

玄(おっきくしてるのに本当にやめて欲しいの? 本当はこうやって手で擦って欲しいんじゃないの?)シコシコ

憧「それじゃあ借りてきたDVD見よっか、リモコンどこにある?」

京太郎「右側に…あるぞっ…」

玄(先っぽからお汁でてきたよ…匂いも強くなってきてくらくらしちゃうよぉ)ネチャ

京太郎(2人にばれたらどうするんだ!)

玄(そのときは見せてあげようよ…京太郎くんのおち○ちんが私の手で気持ちよくなってることを)

憧「ほんとあんたの家ってすごいわよねー、ホームシアターまで完備してるんだから」

京太郎「ぐっ…ああ…」

穏乃「ねえ…」

憧「今集中してるから後にして!」

玄(すごいよ、もうお汁で私の手もおち○ちんもびちゃびちゃですっごいいやらしい音してるよ)グチュグチュ

憧「…」ジーッ

玄(よかったね…映画に集中してるから気がついてないみたいで…)

京太郎(そもそもお前がこんなことしてなければっ!)

玄(そうだよね…だからお詫びに…)

京太郎(~~っっ!)ビクッ

玄(手じゃイケないんだもんね…そろそろお口でイカせてあげる♪)パクッ

穏乃「…」ジーッ

玄(あむっ…ちゅ……)

京太郎「うぅ…」

憧「ほんといい話よね…」グズッ

玄(ふふっ…京太郎くんのおち○ちんおいしいよ…はむっ!)

京太郎「ぐっ…」

玄(んっ…んぐっ…ぐじゅ……じゅるっ…)

京太郎(おい、まずい…ほんとにまずいって!)

玄(全部飲むからコタツは汚さないよ…じゅる…じゅるるるるるっっ!!)

京太郎「うっ…」ビュルルッ

玄(んきゅ…ごきゅっ…んぐっ……)

京太郎「うぅ…」ピュル

玄(ごきゅごきゅ…ごきゅっ…ぷはっ!)

穏乃「……」グズッ

憧「……」グズッ

京太郎(はぁ…はぁ…よかった…ばれてなさそうだ)

玄(濃いのがたくさんでおいしかったよぉ…ごちそうさまっ♪)

穏乃「うきゅ…あんな最後になるなんて…」グスッ

憧「最後は…2人で幸せになれて…」グスッ

京太郎「はぁ…なんだかんだよかったな」

玄「そうだね♪」

憧「えっ!? 玄いつの間に!?」

玄「2人が映画に集中している間にね?」

穏乃「そうなんだ…ぜんぜん気づかなかった…」

玄「それじゃあ早速次の映画見ようよ!」

憧「じゃあこれにしない?」

穏乃「おっけー! じゃあ再生するよー」

憧「……」ワクワク

穏乃「……」ドキドキ

玄「また楽しめるといいね♪」サスサス

京太郎「うっ…」ビクッ

カン!