哩「おい須賀! なんぞその打ち方っ!」

京太郎「すっ…すいません…」

姫子「ここは…わかるか?」

京太郎「えっと…こうでしたか?」

哩「なしけんそーなる!」

姫子「これはお仕置きが必要かいな?」

哩「まずは服脱がせっぞ」シュババッ

京太郎「ひっ!?」マッパ

哩「相変わらず須賀の胸板はよか感じばい!」ナデナデ

姫子「お尻も引き締まってよかですよ?」ナデナデ

京太郎「やっ…やめて……」

哩「これは罰や…だから我慢せんね」クリッ

姫子「痛くせんから…むしろ気持ちちゃくしちゃるよー」ズボッ

京太郎「おふっ!」

哩「こうやっち…乳首いじって…」クリクリ

姫子「うちはお尻の穴から前立腺刺激して…」グリグリ

京太郎「あひんっ!」ビクッ

哩「そして乳首ば吸い付いて…」チュウゥゥゥ

姫子「ほらほら~イッてよかよ?」

京太郎「ぐっ…ぐぬぬ……」

哩「今日こそイカしちゃる!」ペロペロ

姫子「ほら…ほらほらほら!」グニグニ


煌「お二人ともそこまでです!」


姫子「くっ…花田か…」

煌「お二人とも須賀くんへのセクハラはそこまでです!」

京太郎「花田先輩……」

哩「ちっ…今日はここまでか…」

姫子「今日もイカせられんでしたね」キュポツ

京太郎「うぐっ…」ビクン

煌「大丈夫でしたか?」ナデナデ

京太郎「こわかったぁ…」グスッ

煌「もう…こんなに大きくさせられて…」

須賀ホーン「」ビンビン

煌「まったくお二人は!」クルッ チラッ

京太郎「ぶっ!?」

京太郎(いまパンツ見え…うっ!)

須賀ホーン「」ビュルルル

煌「んっ…なにか暖かいものがかかって…?」ベチャッ

京太郎「ふぅ…」

哩「……」

姫子「……」

煌「なんですか…このねばねばした白いものは?」ネチャァ

哩「姫子と二人でいつもやっちもいかんやったもんば…」グヌヌ

姫子「花田は一人であっさり…くやしかっ!」グヌヌ

煌「なんかイカみたいな匂いだね」クンクン

京太郎「花田先輩が一番でした」ツヤツヤ

煌「ありがとうございます…?」

カン!