姫子「きょーたろー!」タッタッタッタッ

京太郎「あ、鶴田先輩」

姫子「京太郎さ、うちの部で誰が一番可愛かと思う?」

京太郎「う~ん……花田先輩も捨てがたいですけど、やっぱり鶴田先輩ですかね」

姫子「ありがと~!(ニッコリ)じゃあさ、誰が一番美人と思う?」

京太郎「それは白水先輩です」

姫子「即答やね~まあ確かにぶちょーは美人やもんね~。じゃあ、うちの部で誰が一番好き?」

京太郎「それは……その……///」

姫子「あれあれ~言えんと~?(ニヤァ)ほらほら~、私以外おらんとやけん、こっそり教えんね~」ツンツン

京太郎「じゃ、じゃあ言いますけど、秘密にして下さいね?」

姫子「そら勿論さ」

京太郎「絶対ですよ!じゃ、じゃあ……!その……白水先輩が…好き、です…///」

姫子「あ~、やっぱり~!部活中もチラチラ見よんもんね~」

京太郎「絶対に言わないで下さいよ!本人には特にです!」

姫子「むっふっふ~!どげんすーかな~」

京太郎「あーくそ!やっぱり話すんじゃなかった!」

ガタッ

姫子・京太郎「っ!?誰…?」

哩「ふぁ~あ、よう寝たばい」ノビー

京太郎「し、白水先輩!?いたんですか!?」

姫子「ぶちょー、おはようございます」ニヤニヤ

哩「んー、おはよう。なんや須賀、私のおったら悪かとや?」

京太郎「いえ、そういう訳では……」

哩「そうや……ちと喉渇いたけんジュース買ってくるわ」トテトテ

京太郎「……(バレてないのかな?)」

哩「(ガラガラ)あ、須賀」

京太郎「は、はい!?」

哩「私もわいの事……好いとっぞ……///」

京太郎「えっ!?」

哩「……やっぱ何もなか。忘れて(ピシャン)」タッタッタッタッ

京太郎「…………////」ポカーン

姫子「(ツンツン)良かったた~い、両想いで」ニヤニヤ

京太郎「よ………」

姫子「…よ?」

京太郎「ヨッシャーー!!!」

カンッ!