京太郎「そうそう、すごくいいんですよね!」

誠子「まさかこんなところに同好の士がいるとはなあ」

菫(ん、部室に残っているのは…須賀と亦野、それと尭深もか)

京太郎「処理とかってどうしてます?」

誠子「ボロボロになったら、細かく刻んでるよ。 さすがにそのままじゃみっともないし」

尭深「ハサミが通らなくて切るのが大変…」

誠子「そうなんだよ! どうしてあんなに丈夫なのかね、ストッキングってやつは」

菫(それは着るときに破けにくいようにだろう…。
  というか男子の須賀を相手にストッキングの話題って…どうなんだそれは)

京太郎「いやあ、羨ましいなあ。今度買ってきてくれません?」

菫(!?)

誠子「ああ、男子だとちょっと恥ずかしいもんね」

京太郎「サオをしごくのにはアレがベストなんですけど、なかなか入手するのも大変で」

菫(おいィ!? いきなり何言い出すんだ須賀ァァ!? そ、そんなに欲しいのなら私のものを)

尭深「じゃあ京太郎くん、私のお古使う?」

菫(ここでまさかの尭深ィィィィィィ!?)

京太郎「え、いいんですか?」

尭深「新品より使い古したものの方がいいってさっき言ってたよね?」

誠子「うんうん、ちょっと毛羽立ってたりして、生地がより使いやすくなるからね」

菫(知ってるの!? 使ってるところ知ってるの亦野!?)

尭深「どうせ捨てるものだし、京太郎くんに有効に使ってもらえるなら…いいよ」

京太郎「うわあ、ありがとうございます! ホント助かります」

菫(しょうがないにゃあ!? なんなの、尭深ってそういうのアリなの!?)

誠子「尭深はちょっと高いの使ってるからね。 肌触りもいいと思うよ~?」

尭深「やだ誠子ちゃん、恥ずかしいよ」

菫(恥ずかしがるポイントがおかしいだろ! 恥ずかしいのはもっと他のところだって!)

京太郎「ハハハ、それはちょっと使い捨てるのがもったいないかもですね」

誠子「だろう? どうせならちゃんと隅の方まできっちり使ってやってくれよ」

京太郎「ええ、フィニッシュのときまでしっかり使わせてもらいますよ」

ドア「バーン!」

京太郎「あれ弘世部長、今日はもう帰ったんじゃ」

菫「お、お、お、お前たちは、神聖な部室で一体な、何の話をしているんだァ!」

京太郎「え、サオの手入れの話ですよ? 今度誠子先輩が一緒にしようって」

菫「い、いっしょに…って」

尭深「ふたりとも、私は仲間はずれなの?」

誠子「おっ、尭深も手伝ってくれる? 助かるよー。 いつも私一人だから大変でさー」

菫「お、おま、おまえ、ら…」

京太郎「亦野先輩は一度にする数が多すぎなんですよ」

尭深「誠子ちゃんには相棒さんがいっぱいいるから…」

誠子「いやー、長く続けてるとどうしても増えちゃってねー」

京太郎「今回は自分のぶんが終わったら、亦野先輩のも手伝いますよ」

菫「」

菫(いっぱい? いっぱいってどういうこと?)

菫(亦野が? 相棒? お相手の棒がいっぱい? 尭深がおっぱい?)

菫(長く続けてていっぱい? 須賀がその手伝い? 亦野のお相手の棒のお手伝い?)

菫(え? あれ? えーと…)

京太郎「弘世部長?」

菫「須賀…」ガシィッ

京太郎「は、はい! なんでしょう」

菫「お前をそっちの道へ行かせはしないぞ! 私が、女のよさを思い知らせてやる!」

誠子「」

京太郎「」

尭深「ニコッ」





淡「あれれ、今日もスミレお休み~?」

照「今日で欠席三日目。 珍しい。 おかげでお菓子がいっぱい食べれる」ムシャムシャ

淡「テルーずっこーい! 私もたーべーるー!」

カンッ!