マホ「須賀先輩!」

京太郎「お、マホちゃんか。こんにちは」

マホ「こんにちは!あの、ちょっとマホに教えて頂きたい事があるんですけど……」

京太郎「俺で良ければ何でもどうぞ」

マホ「はい、あの……せっくすってどういう事するんですか?」

京太郎「ブフッ!いきなり何をいいだすんだ!大体セックスの意味分かってるのか?」

マホ「はい、子供を作るためにする行為……ですよね?でも、具体的にどうするのか知りたくて……」

京太郎「そ、そう……でも何で俺に聞くの?」

マホ「それは片岡先輩がそういう事は親しい男に聞けって……」

京太郎「あーね、そういう事……でもまだ子供のマホちゃんに教えるのは早いと思うんだ」

マホ「っ!!マホは子供じゃありません!マホは須賀先輩のためならこんな事だってできるんですよ!」プチップチッ

京太郎「何でいきなり脱ぎだそうとしてんの!?とりあえず脱ぐのやめて!」ガシッ

マホ「やめません!マホは子供じゃないもん!」プイッヌギヌギ

京太郎「分かった!分かった!マホちゃんは子供じゃない!子供じゃないから脱がないで!」アセアセ

マホ「はい!では脱ぐのやめます。ただし、せっくすとはどんな事をするのか教えて下さい!」

京太郎「ちっ、しゃあねぇな……実践しながら教えてやんよ。覚悟はいいね?」

マホ「はい!もちろんです!」

京太郎「後戻りはできないよ?」

マホ「はい!後戻りする気なんてありません!」

京太郎「では……なるべく優しくするからな……」トサッ

マホ「(はわわ……押し倒されちゃいました…!)」


続かない