京太郎「…」ゴソゴソ…

京太郎「…よしっ」キュッ

??「なんや、もう行くんか?」

京太郎「っと…起きちゃいましたか、洋榎さん」

洋榎「そりゃなっ」フンッ

洋榎「ダンナの出勤に顔出さな女が廃るってもんや」

京太郎「何ですかそれ…」

洋榎「うちの持論や。文句あるか?」

京太郎「まさか、無いですよ。それでこそ洋榎さんですから」

洋榎「うむっ」

京太郎「でも…無理はしないでくださいね?」

洋榎「わーっとるって京太郎っとと…ちゃうかったな」

洋榎「お・と・う・ちゃん♪」

京太郎「…そうですね」ナデナデ

洋榎「なんや感慨深そうな顔して…二人目なんやで?」

京太郎「何人目でも感慨深いですよ。俺の子供なんですから」

洋榎「女々しいやっちゃなー」

京太郎「ははは…でも、そういうところが好きなんでしょ?」

洋榎「…まーな。それより大丈夫なん?そろそろ時間無いで?」

京太郎「おっと、確かに…それじゃ」ちゅっ

洋榎「んっ…」

京太郎「行ってきます!」

洋榎「ん、行ってらっしゃい」ヒラヒラ

ガチャッ…バタン

洋榎「ふぅ…」

絹恵「お熱いなー、お二人さん」クスクス

洋榎「ん?絹か」

絹恵「うん、おはようお姉ちゃん」

洋榎「おかんは?」

絹恵「起きてるけど…ちょい辛そうではあったかも」

洋榎「ふーん…ま、しゃあないか」

洋榎「京太郎の子供がお腹ん中おるんやもんな」

絹恵「そろそろ予定日やっけ…」

洋榎「確かあと15日くらいやろ?…しっかしまさかウチがダブルミーニングで『オトン』なんて呼ぶ日が来るとはなー…信じられへん」

絹恵「でもそのきっかけってお姉ちゃんやんか。『選ばれへんなら全員もろてくれ』なんて普通言わへんで?」

洋榎「それ言うなら頷いた京太郎もおかしいわ…普通無理やってそんなん」

絹恵「京太郎くんは優柔不断やからねー…私らには良い意味でやけど」

洋榎「まーな…そういえば絹はまだなんか?」

絹恵「何が?」

洋榎「決まっとるやん、子供や。コ・ド・モ。そろそろおかしない時期やろ」

絹恵「せやねー…まぁ近いうちに確かめてみるわ」

洋榎「そか。…腹減ったな。朝飯食おか?」

絹恵「せやね…先行って温めといてくれる?ちょいやることあるし」

洋榎「ほいほい。はよ来いやー」スタスタ

絹恵「はーい」

ガチャッ…バタン

絹恵「三人目…か…」ボソッ

絹恵「京太郎くん…驚いてくれるかなぁ…」ナデナデ

絹恵「ふふっ♪」

カンッ