京太郎「先輩、本当にいいんですね?」

由子「ん、恥ずかしいけど京太郎ならええよ?」

京太郎「じ、じゃあ……」ゴクリ

由子「あ! ま、待って」

京太郎「っ!? どうしました? やっぱり怖くなりましたか?」

由子「そうやなくて、いやそれもだけど。じゃなくてな? その、もっとくっついてもいい?」

京太郎「もちろんです。じゃあ膝の上に」ポンポン

由子「うん///」チョコン

京太郎「じゃあ改めて、触りますよ?」

由子「……」コクン

京太郎「……」サワ、モフモフ

由子「ん、は……あぁ……///」

京太郎「……」モフ、モフモフ

由子「やぁ……きょうたろ、強い///」

京太郎「あ! すみません。痛かったですか?」

由子「やないけど、デリケートな部分やからもっと優しくしてほしいのよー」

京太郎「わかりました。優しくですね」モフモフ

由子「あふ、んん……///」ハァ

京太郎「どんな感じですか?」

由子「わか、んない。男の人に、触られるのはじめて、やから。けど、京太郎にされるのは、嫌じゃ、ない、のよー///」

由子「京太郎は、どうなん?」

京太郎「俺も、すごき気持ちいいですよ。先輩の髪」


カン!