京太郎「かーすっみさんっ!!」もにゅり

霞「ひゃあっ!?」

京太郎「あーやーらかいーしあわせー」

霞「もう、京太郎君だったの?んっ、…びっくりしちゃったわ」

京太郎「こんなことする男は俺ぐらいしかいないでしょ」

京太郎「そーれーにー」ぎゅうっ。

京太郎「こうやって抱き締めていいのは、俺だけでしょ?」

霞「…もう、あきれた」

霞「当たり前でしょ」

霞「あなた以外の男の人に抱き締められるなんて絶対嫌」

霞「そんなことされたら、呪い殺してその日を祝っちゃうんだから」

京太郎「よくわかんないけど恐ろしいことになるということは分かりました」

霞「よろしい。いいこいいこ」

京太郎「ども。あ、俺にもおしおきとかあるんですか?」

霞「あら、して欲しいのかしら?」

京太郎「事の内容によりますよ」

霞「そうねぇ…じゃあ、こうしましょ」ぎゅむっ。

京太郎「うわーおれのかおがおおきなむねにつつまれてしまったぞー(棒)」

霞「うふふ。どう、苦しいでしょ?」

霞「これに懲りたら、勝手におねえさんに触らないように。じゃないと」

霞「またこうやって息苦しくしちゃうんだから。めっ、よ?」

京太郎「はーい分かりましたー(やらないとは言ってない)」

霞「よろしい。それじゃ、聞き分けのいい良い子の京太郎君には」

ちゅっ。

霞「私をプレゼントしてあげ」


カンッ!