咲「でね!京ちゃんが……!」

和「それは羨ましいですね」

ナンパ男A「お、君達かわうぃーね!俺達とお茶しない?」

咲「いえ、私達待ち合わせしてるので……」

ナンパ男B「いいじゃんいいじゃんそんな奴さー。ちょっとだけでいいから行こうぜ」

和「結構です!」

ナンパ男C「つれないな~。まあいいや、ちょっと来てよ」グイッ

和「離して下さい!」

ナンパ男B「これだけの上玉、離してたまるかよぉ!」グイッ

咲「いや!誰か助けて!」

ナンパ男A「まあまあ、一発ずつハメさせてくれたら離してやるからさぁ」

???「待てぃ!」

ナンパ男A「誰だ!?」

京太郎「貴様らに名乗る名は無い!」

咲「京ちゃん!助けて!」

和「須賀君!ナイスタイミングです!」

京太郎「ふっ…任せとけ」パキッポキッ

ナンパ男C「んだぁ!?コノヤロー!おう!喧嘩売ってんのかよ兄ちゃん!」ズカズカ

咲「京ちゃん気を付けて!」

京太郎「心配しなさんな。とあるロリコン野郎から習った技を使わせてもらうから」


ナンパ男C「死ねやオラァ!」ブンッ

京太郎「(ヒョイ)遅いわ!くらえ赤狼拳!オラオラオラオラァ!イケェー!!」ドガガガガ

ナンパ男C「うぼっはぁー!!」ドシャア

ナンパ男B「こ、コノヤロー!」タタタタ

和「須賀君!」

京太郎「次はとある露出狂から習った技でいくか……!廬山昇龍覇!!」ドガァッ

ナンパ男B「かにぃっ!!」ドシャア

ナンパ男A「ち、チクショオー!!」タタタタ

咲「京ちゃん頑張って!」

京太郎「次はとある小悪党から習った技だぁ!一撃必殺!(タタタタッ)スフィアデサイド!(ドバババババン)」

ナンパ男A「ぶるぁぁぁぁ!!」ドシャア

京太郎「な~んか酒が飲みたくなってきたな~あと女」

咲「京ちゃん!助けてくれてありがとう!」ぎゅっ

和「須賀君!助かりました、礼を言います」

京太郎「ま、いいってことよ!それでは、ホテルに行きますか」

咲「うん///今日もたくさん可愛がってね///」

和「今日もいっぱいしましょうね///」

京太郎「ハハハ、俺って幸せ者だなぁ」

カンッッ!!!