京太郎「はぁ……」ゲッソリ

竜華「京太郎くん最近なんかやせた?」

京太郎「やせましたねぇ…こっち来てから晩御飯食べられてないんですよ」

竜華「なんで?」

京太郎「ちょっと夜はスーパーの半額になった弁当でも食べようと思ってスーパーに行ったんですが…」

竜華「ですが?」

京太郎「なぜか弁当に手を伸ばしたとたん頭に衝撃が走って気がついたら弁当も惣菜もなくなっているんです…」

竜華「なんやそれ…?」

京太郎「てなわけで朝もぎりぎりまで寝るので…食事は昼に1回ってなるわけです」

竜華「そんなん体に悪いやん!」

京太郎「でもご飯作るのも面倒だし……」

竜華「ならうちが京太郎くんのご飯作る!」



京太郎(どうしてこうなったんだろう……)

竜華「ふんふふーん♪」

京太郎(エプロン姿で鼻歌まじりで料理してる竜華さんすっげぇかわいいな)

竜華「ごはんはもうすぐできるでー、あとちょっとだけ待っとってやー」

京太郎「はーい」

竜華「今夜は京太郎くんのリクエストのハンバーグや!」

京太郎(ほんとエプロン似合ってるなぁ…)



京太郎「ごちそうさまでしたー」

竜華「はい、お粗末様や」

京太郎「竜華さんの料理おいしいですね、嫁に来ませんか?」

竜華「うちでよかったら喜んで!」

京太郎「でも俺なんかにはもったいないですよねぇ」

竜華「そんなことないのに…」ボソッ

京太郎「竜華さんみたいな彼女できたらいいのになぁ……いい人いないかな」

竜華「んーうちを食べて! くらいやらんとだめなんやろうか?」

カン!