京太郎「北海道の人は日本で一番ワインを飲む♪」

~~~~~~~~~~

成香「……」コクコク

爽「ほら京太郎、お前もしっかり飲め」トクトク

京太郎「いやいやいや!俺どころか先輩方も未成年じゃないですか!駄目ですよ、飲酒は!」

誓子「何言ってるんです?これは主の血であり、主の恵みですよ?」

揺杏「そうそう、何もおかしくない」

京太郎「いやいやいやいや!そういう問題じゃ……むぐっ!」チュー

由暉子「んーっ……ぷはっ、ふふっ、おいしかったですか?」

爽「ほう、やるね」

揺杏「じゃー次私!」

京太郎「」

――――――――――――

京太郎「岩~手県人日本で豆腐を食べる♪」

~~~~~~~~~~

『豆腐料理対決IN宮守』※審査員:須賀京太郎

塞「麻婆豆腐!」ドン!

胡桃「豆腐の味噌田楽!」バン!

豊音「揚げ出し豆腐だよー!」ジャーン!

京太郎「おお、どれも旨そうですねー」

エイスリン「……」モジモジ

京太郎「?エイスリンさん?」

エイスリン「ソノ、コンナノデゴメンネ」つ冷奴

京太郎「いえ、おいしく頂ますよ」ニッコリ

京太郎「ところでシロさんは……んむっ!」チュー

シロ以外「「「「!!!」」」」

シロ「ぷはっ……豆乳」

京太郎「またこのオチかーい!


京太郎「長~野県は博物館~の数が日本一♪」

~~~~~~~~~~

優希「タコス博物館……」

咲「本の博物館……」

和「エトペン博物館……」

まこ「ワカメ博物館……」

京太郎「いくらなんでもそんなのはありません、ってか咲のはただの図書館じゃねーか」

久「ナウマンゾウ博物館……」

京太郎「あっ、それはあります」

全員「「「「「えっ!?」」」」」

※本当にあります

――――――――――――

京太郎「東京結婚してない人~の数が日本一♪」

~~~~~~~~~~

照「……京ちゃん、いい加減に観念するといい」ジリジリ

京太郎「くっ、16歳になった途端これか……」

照「既にネットで『二代目アラフォー候補筆頭』とか言われてる以上、もはや猶予はない」

照「何が何でもこれにサインをしてもらう」つ婚姻届

京太郎「こんな若い身空で結婚してたまるか!」ダッ

照「しまった!」

京太郎「ふう、ここまで来れば……」

教師「おっ、須賀、ちょうど良い所に」

教師「お前今日提出の書類に抜けがあったぞ、ほら、ここにハンコだ」トントン

京太郎「あっ、本当だ……今押しま「サッ」……ん?」トン

菫「はははー!京太郎の判ゲット!捺印の瞬間を狙い打たせてもらったぞ!」

菫「これで私たちは晴れて夫f「トントン」……ん?」

教師「弘瀬、ちょっと職員室いこうか」ニッコリ

菫「……ハイ」


京太郎「大阪からプロ野球の選手日本一出てる♪」

~~~~~~~~~~

洋榎「来年こそ阪神が日本一や!京太郎もそう思うやろ!」

京太郎「えっ?すいません、俺サッカー派なんですよ」

洋榎「」

絹恵「んふふ~京太郎は流石わかっとんなー、ええよなサッカー」

京太郎「そうですよね、頑張ってほしいですよね」

絹恵「うんうん、そうやな」

京太郎「ガンバに」

絹恵「セレッソに」

京絹「「……ん?」」

洋榎(あっ、これ長くなるやつや)ソソクサ

―――――――――――――

京太郎「奈良県の~家庭は日本で~一番ピアノを~持っている~♪」

~~~~~~~~~~

憧「~~~♪~~~♪」ポロロロン♪

京太郎「へー、上手いもんだな」

憧「齧った程度ですぐ辞めちゃったんだけどね」

京太郎「……いろんな意味でもったいないな」

穏乃「あっピアノ弾いてるの?久しぶりに私にも弾かせて!」

京太郎「穏乃も弾けるのか!?」

穏乃「ふふん!よーく聞いてるといいよ!」

穏乃「はっ!」~~♪~~~♪~~~~♪

京太郎「ね、猫ふんじゃったの速弾き……!」

憧「なぜかピアノ弾ける人って皆やるわよね」

京太郎「あと弾けないやつはチャルメラよくやるよな」


京太郎「福岡県~は箪笥の生産量日本一♪」

~~~~~~~~~~

姫子「…………」カチカチ

京太郎「あれ?先輩ネットショッピングですか?しかも箪笥?」

姫子「うん、大きい開き戸付きのタイプを探してる」

京太郎「そらまた何で?」

姫子「……そこに隠れてぶちょーとのプレイを覗き見して擬似寝取られp「言わせねーよ!?」」

姫子「他にも縛ったぶちょーを入れて覗かせて擬似寝取りプr「だから言わせねーよ!?」」

―――――――――――――

京太郎「鹿児島人口に対してパチンコ屋の数が日本一♪」

~~~~~~~~~~

京太郎「CR霧島巫女ぉ?そんなん出るんですか?」

霞「出るというかオファーが来たというか……」

春「姫様をマ○ンちゃんみたいなマスコットしたいって」

京太郎「ええー……何考えてんだ○共」

霞「もちろん教育に悪いから断ったんだけどね」

京太郎「そりゃそうですよね」

霞「だってあの人たち、小蒔ちゃんにはっちゃんみたいな恰好させようとしてたのよ!」

京太郎(そ、それは見たかった……!)ゴクリ

霞「……京太郎君?」ニッコリ

京太郎「ゴメンナサイ」

霞「もう!……後で私が……ね?♪」ボソッ

京太郎「! は、はいっ!」


カンッ