京太郎「一日兄妹キャンペーン?」

哩「そう、京太郎は兄、私らは妹となって接する、まあ一種の遊びやね」

姫子「勿論きょーたろーの彼女であるぶちょーも対象に入るけんね」

煌「兄妹なので、呼び捨てため口で結構ですよ」

仁美「私達も頑張ってなりきるけん、京太郎もなりきってな」

美子「じゃあ、スタートね」

………

煌「お兄ちゃん!」ぎゅっ

京太郎「わっ!?」

姫子「むっ…!おにーちゃん!」ぎゅっ

京太郎「わわっ!?突然どうしたんですか!?」アセアセ

煌「兄妹なんだからため口で喋って下さいね」

姫子「そうそう、雰囲気の崩るっけん遠慮せんでよかばい」

京太郎「うー……分かりまし……分かった。で、なんだよ?」

煌「対局中、私の打ち筋を見てもらいたくて…」

姫子「おにーちゃん!私んとば見てよー!」ぐいっ

京太郎「えぇっ!?どうすれば……」

哩「こらこら、兄貴の困っとるやっか。そんくらいにしとけ」

姫子「はーい!哩おねーちゃん!」

煌「(すばらっ!?そこまで徹底しますか!?)分かりました」

仁美「あんちゃん、私と政治の話しようよ」

美子「そげなこつするより買い出し行ってきてよ馬鹿兄貴」

京太郎「ば、馬鹿兄貴?」

美子「馬鹿に馬鹿って言って何が悪いと?」

京太郎「あーはいはい分かりました。買い出し行ってきます」

哩「兄貴、私も行こうか?」

京太郎「いや、いいよ。一人で大丈夫だから」

哩「別に一緒行ったっちゃよかたい。それとも兄貴は私の事好かんと?」

京太郎「そんな訳ないだろ。じゃあ一緒に行こうか」

哩「うん!」


京太郎「はぁ~……兄って疲れるなぁ~…」

哩「ふふっ…私は本当の兄弟のおらんけん、珍しか経験の出来て楽しかばってんなぁ」

京太郎「俺も妹とかいないからイマイチよく分かんなくてな……やたらと手の掛かる幼馴染みならいるけど」

哩「ま、今日だけやけん、思いきって兄になりきってみんしゃいよ」

京太郎「…頑張ってみる」

哩「ふふっ…その意気その意気!」

京太郎「はぁ……」

哩「あ~にき!お姫様抱っこして!」

京太郎「勘弁してくれよ!恥ずかしいわ!」

哩「冗談冗談!はっはっはっはっ!」


京太郎・哩「ただいま~」

美子「おう、馬鹿兄貴。買い出し行ってきた?」

京太郎「この通りだ」ガサッ

仁美「あんちゃん!ジュース!ジュース!」ガサガサ

京太郎「そうがっつくなよ……ほら」

仁美「わーい!あんちゃんありがとう!」ゴクッゴクッ

煌「お兄ちゃん、どこに行ってたんですか!?心配したんですよ?」

京太郎「買い出しにな」

姫子「おにーちゃん、買い出し終わったとやろ?なら今から私達に構ってよ!」

京太郎「おう、いいぞ。で、何して遊ぶんだい?」

姫子「仮眠室のベッドでごにょごにょしようよ」

京太郎「はぁっ!?」

哩「おーい!ちょい待てちょい待て!彼女のおる前でなんば言いよっとか!」

姫子「今は彼女じゃなくて妹やろう!?」

哩「違うし!妹で彼女やし!」

姫子「そがん事許されんよ!兄妹で恋人とか!」

京太郎「俺もその設定はどうかと……」

哩「愛があれば兄妹でも恋人になれっとぞ!」

京太郎「いやぁ、でも背徳感とかがさぁ……」

哩「レッツ背徳」

姫子「……っ!!」

京太郎「おいおい……」


美子「そろそろ部活も終わるね」

仁美「そろそろ兄妹キャンペーンも終わりかぁ……」

煌「楽しかったですねー!珍しい経験が出来ましたし」

姫子「そいじゃここらでキャンペーン終了って事で!」

哩「お疲れ様でした!」

全員「お疲れ様でしたー!」

京太郎「お疲れ様でした~~……」ぐてー

姫子「今回みたいな事、またしたかですね!」

哩「よし、なら次は父と娘キャンペーンやな!」

京太郎「もうやめてくれ!!」

カンッ