灼「京太郎…ちょっと来て…」

京太郎「はい、いいですよ」

灼「……」テクテク

京太郎「……あの、どこまで行くんですか?」テクテク

灼「付いて来れば分かる……」テクテク

京太郎「はぁ……」テクテク

灼「ここだよ…」

京太郎「体育倉庫?一体何をするんですか?」

灼「いいから入って……」

京太郎「はぁ、じゃあ…(ドンッ)うわ!?っとっと!なんだぁ!?」

灼「……////」ガラガラガシャンッガチャガチャ

京太郎「灼さん何を……」

灼「これで二人きりだね……///」

京太郎「………えっと、とりあえず外に出してくれませんか?」

灼「駄目!それだけは絶対…!!それより…始めようか…///」シュルッファサッ

京太郎「ななな何脱いでるんですか!?///始めるって何をする気ですか!?//」

灼「何って……男と女が二人きりでする事なんて一つでしょ……?///」ヌギヌギ

京太郎「こ、こんな強引な形でしたくなんてありませんよ!さあ早く出して下さい!」

灼「…………やっぱり」ジワッ

京太郎「?」

灼「やっぱり京太郎は……私になんか興味ないよね……」シクシク

京太郎「え?や、そんな……」

灼「確かに私は……宥さんや玄みたいに胸大きくないし…憧みたいに可愛くないし、穏乃みたいに明るくもない……」シクシク

京太郎「灼さん……」

灼「でも…でも…!京太郎の事が好きで好きでたまらないんだもん…!狂おしい程愛しいんだもん…!」ブワッ

京太郎「……」

灼「でも……こんなやり方じゃ駄目だよね……京太郎、ごめんね…ごめんね…」シクシク


京太郎「灼さん……」ぎゅっ

灼「!?京太郎…?」

京太郎「俺さ、前から灼さんに言いたい事があったんだ……今、いいかな?」

灼「……なに?」

京太郎「灼さんが、憧や玄さんより可愛くないって思い込んでて卑屈になってるの知ってた。胸が小さいのを気にしてるのも、性格が明るくないのを気にしてるのも知ってた」

灼「…そう…なんだ……」

京太郎「でも俺は……そんな灼が、その……何よりも可愛いと思うし、大好きだ!///」

灼「えっ…?」

京太郎「灼さん、俺も灼さんの事、好きだ!」

灼「でもさっき……嫌だって……」

京太郎「それはこんなシチュエーションは嫌だって言っただけで、灼さんが嫌だってわけじゃないですよ」

灼「……う……うわ~~ん!」ブワッ

京太郎「灼さん!?」

灼「嬉しい…京太郎、ありがとう。京太郎、ごめんね」シクシク

京太郎「…ほら、泣かないで下さいよ。可愛い顔が台無しですよ」ナデナデ

灼「うん…!うん…!」グスッ

京太郎「さ、まずは服を着て。帰りましょうか」

灼「……うん…///そういえば裸だった…///」シュルッモゾモゾ

京太郎「初めてはまた別の機会に、ね?」

灼「うん……京太郎!」

京太郎「はい」

灼「大好き!」チュッ

カンッ!!!