京太郎「ちーす、遅れてすいませ……」

咲「きょーちゃん!」ガバッ

京太郎「うおっ!? なんだよ、咲!急に抱きついて…」

咲「きょーちゃん!きょーちゃん!」スリスリ

京太郎「さ……咲? どうしたんだお前、なんだか様子が…」

タコス「うおっ!犬、何をやっているんだじぇ!」

和「そんな宮永さんが……私の可愛い宮永さんが…!」

京太郎「タコス、和…俺にも何が起きているのかさっぱり…」

まこ「ありゃりゃ……これは思っていたよりも重症じゃのう」

久「そうみたいね…どうしたものかしら」

京太郎「染谷先輩に部長……これはどういう事ですか!」

久「ええ、実はね…」

―――――

咲「ルンルン♪」スリスリ

和「ちょっと須賀君、宮永さんから離れてください!」イライライライラ

タコス「そうだじょ京太郎!咲ちゃんから離れろ!」

京太郎「俺に言われても困るんだが…おい、咲…そんなにくっつくなよ」

咲「やーやー、きょーちゃんと一緒にいるのー!」スリスリ

京太郎「はぁ…やれやれだぜ」

和「……それで、部長が持ってきた薬を宮永さんが飲んだせいで幼い子供みたいになってしまったんですか…」

久「ええ…私用で使うために机の上に置いておいたんだけど、ジュースと間違えて飲んでしまったみたいなのよ…」

京太郎「ほう……薬の効果を試すために咲を実験に使ったんじゃなくて?」

ギクッ

久「な…何を言っているのかしら須賀君…?私達がそんな事をするはずないじゃない」

まこ「そ…そうじゃぞ京太郎!めったな事を言うな!」

京太郎(図星だな……)

和(図星ですね…)

咲「きょーちゃん、遊んで遊んで!」グイグイ

京太郎「いてて…そんなに手を引っ張るなよ咲」

和「……!宮永さんいや、宮永ちゃん!私が代わりに遊んであげますよ!」

京太郎「おっ…すまない和。ほら、このお姉ちゃんが遊んでくれるってよ」

和(フフフ…なんてかわいらしい宮永さんなのでしょう!一杯いーーっぱい私と遊びましょう!)

咲「……や!さきはピンクのお姉ちゃんなんかよりきょーちゃんと遊びたいの!きょーちゃん遊んで!遊んでー!」

和「そ……そんな……宮永…さん…」ガクリ

まこ「ほれ、京太郎…咲はお前に遊んで欲しいみたいじゃぞ。泣き出す前に遊んであげい」

京太郎「はぁ……分かりましたよ。咲、何をして遊ぶ?」

和「…………」イライライライライライラ

タコス「むむむ…!」

咲「うーんとね……お馬さんごっこがいい!」

京太郎「な……お馬さんごっこって……」

咲「きょーちゃんがお馬さんになるの!そしてさきがその上に乗って遊ぶのー!」

京太郎「ちょっと待て咲!それは少しまずいんじゃ…」

和「このお兄ちゃんの言う通りです!宮永ちゃん、代わりに私が馬に…」

咲「やーやー!きょーちゃんがお馬さんになってくれなきゃやーなの!」

和「み……宮永さん」ガクリ

久「ほら、須賀君…この子のリクエスト通りお馬さんになってあげなさい」

京太郎「ぶ…部長まで……ええい、仕方ない!ほら咲、お馬さんだぞ~!」

咲「わーい!きょーちゃんだーいすき!」

和「ブツブツブツブツ…」

タコス(羨ましいなぁ咲ちゃん……私もこんな風に京太郎と…)

京太郎「ヒヒーン……パカラッパカラッパカラッ…」
(なんだか……変な気分だぜ……)

咲「わーいわーい!もっともっときょーちゃん!」キャッキャッ

京太郎「はいはい…ヒヒーン!パカラッパカラッ…」

まこ「ほんまに楽しそうじゃのう…」

久「ええ…まるで本当の兄妹みたいね」

和「宮永さん……なんでこんな男なんかに…」

タコス「むむむ……私も京太郎に乗るじょ!」

京太郎「おい、タコス!何をするんだよ!」

タコス「うるさい、犬!ご主人様に反抗するな!」

咲「あーん!きょーちゃんは私と遊んでいるのー!たこすのお姉ちゃんはあっち行っててよー!」

タコス「京太郎は私の犬だじょ!だから私にも京太郎の背中に乗る権利はあるんだじぇ!」

咲「う…う…う…うえ~ん!たこすのお姉ちゃんがいじめる~!きょーちゃんをかえしてよ~!」

和「ちょっと優希…少しやり過ぎじゃ…」

京太郎「いい加減にしろタコス!咲を泣かしてどうするんだよ!」

咲「うえ~~んえんえん!うえ~~ん!」

タコス「う……ごめんだじょ……」グスン…

京太郎「ほーら咲、お兄ちゃんがもっと遊んであげるから泣くのはやめようね」ナデナデ

咲「ぐすっ……えっく……ほんとうに?ほんとうにもっともっと遊んでくれる?」

京太郎「ああ…お兄ちゃんは嘘はつかないぞ!」

咲「……わーい!きょーちゃんだいすき!」

タコス「……京太郎の馬鹿…」

和「………」イライライライラ


続く

名前:
コメント: